2011年06月20日 10:40

足を消毒していたら家が燃え上がる

 

火事
平穏な普段の生活が、いきなり不幸を招くことあります。

足をアルコール液で殺菌していたアメリカの男性が、液をこぼしてしまい、家が燃え上がってしまったというニュースがありました。

フロリダの消防局によると、男性は朝の10時半にベッドの上でアルコール液を使って足を消毒していたそうです。

するとアルコール液をシーツの上にこぼしてしまい、さらにその時吸っていたタバコがそのこぼれた部分に触れて、引火してしまいました。

あわててシーツを取り除き、消火できるものを探しにいったん部屋を離れたそうです。

ところが部屋に戻ってきたときには、もう火の手は広がっており、すぐに家を逃げ出し消防に通報したそうです。家には他に家族がいましたが、幸い誰もケガもせず無事だったそうです。

そんな頻繁に起こる事件ではありませんが、生活用品の中にはアルコールなど引火しやすいものもあるので、何かの拍子に火災につながる危険はあるようです。

タバコの不始末に気をつけるのは当然ですが、布団などに引火すると消火が難しくなるとのことなので、特に寝床まわりでの火の扱いには要注意というニュースでした。

Man cleaning foot infection set house on fire

SHARP プラズマクラスター 冷風除湿機 ブラック系 CV-A100-B
シャープ (2011-04-02)
売り上げランキング: 4

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(2)
この記事へのトラックバック
1. 足を消毒していたら家が燃え上がる【らばQ】  [ 他力本願 ]   2011年06月20日 10:52
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。