2011年08月05日 17:08

健康のためなら命は惜しくない?鉄道レールの上に寝そべる「線路セラピー」がインドネシアで流行

 

鉄道線路セラピー00
世の中持病を抱える人は多いですが、わずかでも症状を軽減出来たらと、いろんな治療やセラピーを試みるものです。

インドネシアでは、なんと線路の上に寝そべるというとんでもないセラピーが流行っているとのことです。

鉄道線路セラピー01
線路に寝そべると言う見た目のインパクト絶大なこのセラピー。いろんな病気の治療に効果的だとジャカルタで噂が広まり、大勢の人が寝そべるようになったそうです。

線路から出る微弱な電流が体の活力を増加させると言い、高血圧症、糖尿病、リューマチ、痛風、肥満などのさまざまな病気を治癒する助けになると、地域の人々は信じているようです。

鉄道線路セラピー02
線路の上に直接寝そべると言うやり方なので、まるで自殺願望でもあるかに見えますが、当然電車が来たことを感知するとすぐに立ち上がって退避します。

医者も線路に通っている電流が各病気に対して効能があることは認めているそうですが、鉄道関係者によれば電流は一定ではなく、高くなることもあるので危険だと警告を発しています。

電流以前に一歩間違えれば命を落としてしまう時点で警告が必要だと思いますが、あまり流行ると、いつか重大な事故が起きてしまわないかと不安を感じます。

Desperate Indonesians use 'railway therapy'

3秒でハッピーになる 名言セラピー
ひすい こたろう
ディスカヴァー・トゥエンティワン
売り上げランキング: 1261

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(2)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。