2011年08月12日 12:44

宝石のような美しいガラスが散らばるカリフォルニア「グラスビーチ」の秘密

 

グラスビーチ00
カリフォルニア州フォートブラッグ付近にあるMacKerricher州立公園の敷地内には、一面にカラフルなガラス玉が散らばる「グラスビーチ」と呼ばれる砂浜があります。

丸みを帯びたその形状は天然の石のように見えますが、元はゴミだったそうです。

グラスビーチ01
採取されたガラス玉。飾っておきたくなる美しさですが……。

グラスビーチ02
このビーチは20世紀の初期にゴミの廃棄場所となっていたそうで、大量のガラス瓶や電気製品などが打ち捨てられていました。

グラスビーチ05
1967年になると時の市長がこのエリアを閉鎖し、いくつもの清浄化プログラムを実施したそうです。

グラスビーチ04
その結果、一帯のゴミはほとんどなくなり、残されたのは小さなガラスの破片だけとなったのです。

グラスビーチ09
その後、数十年かけて打ち寄せる波によってガラスは丸みを帯びていき、現在のようなガラス玉になったとのことです。

グラスビーチ08
砂浜でくつろぐ人々の姿。

グラスビーチ07
今では裸足でも歩けるようですが…。

グラスビーチ03
元が廃棄されたゴミと思うと、ちょっと怖い気もします。

グラスビーチ自体は珍しいものではなく日本にもあるようですが、歴史が浅いと破片も角ばったものが目立つようです。

Glass Beach of California

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(2)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。