2011年08月12日 16:29

羊を「妹のようだ」と溺愛する男性、ペットと認めてもらうため裁判闘争へ

 

羊をペット00
動物と長く生活していると、いつしか家族のような、かけがえのない存在となることがあります。

猫や犬に対して大きな愛情を注ぐ人は珍しくありませんが、オーストラリアの男性が、羊への愛によって裁判を起こしたそうです。

羊をペット01
オーストラリア・メルボルンに住むホーさん(54歳)は、バァと名付けた羊を、10年ほど前から自宅の裏庭で飼っていました。

もともとは仕事先の草を食べさせるために手に入れた羊でしたが、やがて家族のように愛着が湧き、ペットになったそうです。

ところが家畜は半ヘクタール以下の土地で所有してはいけないと言う、オーストラリアの法に触れていたため、行政から220ドル(約1.7万円)の罰金が命じられました。

バァを妹か娘のようにかわいがっていると語るホーさんは、「現行法を厳しく守らせたなら、ペットを持つ人の全てが失うことになる」と憤り、裁判で争うことにしたのです。

すると先月、家畜から犬と猫は除外されると法が変えられたのですが、羊がペットとして認められるかは厳しいとみられており、裁判費用の3万ドル(約230万円)がホーさんに課せられる可能性も出てきているようです。

合計で6万ドル(約460万円)の裁判になるとみられ、ペットとして羊を所有できるかが争点となるようです。

ホーさんはどんなことがあっても手放す気はないと主張していますが、家畜とペットの線引きがどうなるか、裁判の動向が気になるところです。

Loving owner fights to keep his pet sheep

おやすみ羊 抱きまくら
ほんやら堂 (2008-11-21)
売り上げランキング: 17316

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(1)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。