2011年08月31日 10:39

芝生が大火事、犯人はあらいぐまだった

 

アライグマ
アライグマは見た目の愛らしさとは裏腹に、盗みや作物を荒らすなど、結構な悪さをすることで知られています。

アメリカのユタ州で、広範囲に及ぶ芝生の大火事が起きたのですが、その原因はアライグマであることがわかりました。

ソルト・レイク・シティの工場地帯で、10エーカー(40648平方メートル)もの芝生が燃える火災が発生しました。

先週金曜日の早朝4時40分ごろに発火したとみられ、原因を追究してみたところ、なんとアライグマが電柱を登り、電線に触って発火し、地上に転げ落ちたときに芝生に燃え移ったことがわかりました。

火が燃え広がるのは速く、近隣の会社などに多大な脅威を与えたとのことです。広範囲にわたって焼けてしまいましたが、幸い住宅の被害や負傷者は出なかったそうです。

ただし気温が高い日が続いて乾燥していることから、今後しばらくは留意が必要であると消防局は呼びかけています。

もっとも電線に触って発火というのは、動物のせいなのか人間のせいなのか、わかりにくいところではあります。

Flaming raccoon starts grass fire

少女不十分 (講談社ノベルス)
西尾 維新
講談社
売り上げランキング: 15

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(1)
この記事へのトラックバック
1. 芝生が大火事、犯人はあらいぐまだった  [ 他力本願 ]   2011年08月31日 10:53
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。