2011年09月10日 11:27

えっ全部見えちゃった…下着を着けてないミスユニバース・コロンビア代表に注意

 

ミス・コロンビア
ミスユニバースと言えば、世界中からの美しい女性が競い合って、その美しさや知性を見せる大会ですが、華やかなドレスや衣装もひとつの見どころではあります。

その衣装のことで、適した服装を着用するようにと、コロンビア代表の女性が叱責されました。

その理由がなんと、局部が丸見えだったからというもの。

服装で問題が出たのはミス・コロンビアの「カタリナ・ロバボ・バルガス」"Catalina Robayo"さん(22歳)で、ミニのワンピースを下着なしで着用していました。

すると審査員からは丸見えの状態になってしまったそうで、メディアやカメラマンもいたことから騒然となりました。

ミニを着ていた候補者は他に何人もいたのですが、下着を着用していなかったのはもちろん彼女だけ。このことを問題視した運営側に呼び出され、もっと適切な服装を選択するよう注意されたようです。

もっとも彼女は平然としていたと言い、各国代表の衣装にはそれぞれの文化や個人の考えが出ることを踏まえると、線引きするのは難しいのかもしれません。

2010年の衣装でもレースの下着にビキニ、魚の網タイプまでが登場し、美しい女性たちだけにファッションも派手になりやすいようです。

2011年のミスユニバースが選ばれるのは9月12日、ブラジルのサンパウロで発表されますが、思わぬ形で注目を集めたカタリナさんは、果たして選ばれるののでしょうか。

Miss Universe entrant 'reprimanded for not wearing underpants'

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(4)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。