2011年09月23日 17:57

ウォンバットを救うため莫大な遺産を残したはずが、皮肉な結果に

 

ウォンバット00
ウォンバットという動物を知っていますか。

オーストラリアに生息する、平たい鼻とずんぐりした体型をした動物で、生態は違いますがコアラに近い種族だそうです。

現在は保護動物に指定されており、このウォンバットを救おうと言うチャリティ団体に対し、あるアメリカ人が遺産800万ドル(約6億円)を寄付するとの遺書を書き残しました。

ところがそれを知った遺族が猛反発、これを不服として訴訟を起こしているのだそうです。

本人の書いた遺書の効力が問われるわけですが、おそらくチャリティ団体側は、5年とも10年とも言われる長期訴訟にかかる費用が捻出できそうにないことから、この金額を受け取ることはできないだろうとみられています。

さらに今回のことがニュースとして伝わり、すでに遺産を相続したとのイメージが付いてしまったことで、寄付が激減してしまったことも大きな悩みの一つとなっているようです。

もちろん、世話をする動物たちの数は減っているわけではなく、かなりの窮状にあるとのことです。

ウォンバット01
このウォンバットに保護が必要な一因として、現在95%に同じ症状の皮膚の問題が出ており、やせたり体毛が抜けたりという症状が出ています。

毒性のキノコを食べていることなどが原因との予想もありますが、まだはっきりとは究明されていないようです。

ウォンバットを救いたいと言う気持ちで残したはずの遺産が、遺族の争いはおろか、保護団体の危機まで招くという、なんとも皮肉な結果となってしまいました。

もし財産で何かをしたいという気持ちがあるのであれば、死後ではなく、生前のうちにしておく方が良いようです。

$8m wombat bequest being fought by family

figma ベルセルク  ガッツ 黒い剣士ver.
Max Factory (2012-01-31)
売り上げランキング: 2

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(2)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。