2011年09月26日 08:30
 

面接の達人00
就職難はもちろん日本だけではなく、世界中で起きています。

特に人気企業となると書類選考の段階で厳しい競争があり、面接にこぎつけることさえ難しいのが実情です。

アメリカの24歳の若者が、ツケヒゲをつけて、スーツのズボンの脱いだり、腕立て伏せをしたり、ペディキュアをするといった突飛なアピール映像を作成して送りつけました。

するとなんと、GoogleやMicrosoftなどを含む80社から、面接のお呼びが掛かったと言うのです。

面接の達人01
ズボンを脱いでいるシーン。

この動画を作ったのはサンフランシスコに住むマット・エプスタインさん(24歳)。自分の特徴を出した何かインパクトのあるものを提示したいとして、自分を売り込むムービーを作り、各社に送ったそうです。

その結果、第一志望のGoogleを始めとしてMicrosoft、Amazonなど、合計80社からの連絡が来たそうです。

マーケティング部門での就職を希望していると言い、以下の映像はGoogle社に送ったものだそうですが、なんとその2日後にGoogleから電話があったそうです。

Googleに送った映像 - YouTube

動画に登場する彼はジョークともつかぬ独特の語り口で、自分の趣味がスコッチを飲むこと、読書、エクササイズ、ペディキュアに動物だと伝えています。

残念ながらGoogleへの就職は叶いませんでしたが、SigFigというアメリカの投資会社の内定を得ることに成功したようです。

面接の達人02
読書のシーン。本が逆さ。

面接の達人03
突然の腕立て伏せ。

面接の達人04
ペディキュア。

面接の達人05
ツケヒゲをとると、実はイケメン。

動画を作る前は、普通のやりかたで就職を目指していましたが、すべて失敗に終わったことから、新しく変わったやり方を考えたそうです。

当の本人も、まさか80社からも連絡が来るとは思わず驚いたそうですが、「他の意欲はあっても就職活動でうまくいってない人々に、こういうやり方もオススメ」とコメントしています。

奇をてらった方法ではありますが、結果を出しているのが素晴らしいですね。確かにこんな映像を見せられたら、どんな人物なのか自分の目で確かめたくなるかもしれません。

ただし日本企業を相手に同じことをして、大失敗に終わったとしても自己責任でお願いします。

Job-seeker gets 80 interviews with video of himself stroking fake moustache and doing press-ups

就活生はユーホーをさがせ
郡司昌恭
青月社
売り上げランキング: 2656

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(4)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
2. 現役の女子高校生で才色兼備のグラビア・アイドル! 内山薫さんが  [ あじもすのニュースブログ@livedoor ]   2011年09月30日 18:28
おもしろい画像のニュースをお届けします!
3. 【文例集付】知らないから落ちる面接の4点減点法  [ お役立ち情報 ]   2011年12月03日 22:49
JUGEMテーマ:就職活動 あなたの自分の人生を左右する「仕事」。 そのための...
トラックバックURL
zeronpa | カテゴリ:海外ニュース  びっくりネタ
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。