2011年10月05日 13:02

もうすぐ妻と再会…11年掛けて世界164カ国を歩いてまわる男性

 

11年歩く男性00
英語にはミッドライフ・クライシス(中高年の危機)と言う言葉があるのですが、男女とも老いからくる焦燥感からか、40代頃になると突飛なことをしたり、人生の転換となるような思い切った行動に出る人も珍しくないようです。

カナダのある男性も、40代半ばにして世界中を巡ってみようと思い立ち、なんと11年も掛けて歩き続けているそうです。

11年歩く男性01
ジャン・ベリボウさん(56歳)は40代のときに、ミッドライフ・クライシスに突入し、自己探求の旅に出ました。

11年歩く男性02
歩いた距離は6大陸、164カ国にまたがり、延べ75000kmにも達します。11年が経過した今、ようやくバンクーバーへと戻り、カナダを横断中です。オタワに到着したときには53足目の靴がダメになりました。

11年歩く男性03
最初は4000ドル(約30万円)だけ持って出発したそうで、毎年同じくらいの額を妻が送ってくれるそうです。ほとんどの生活費は全く知らない人々の恩恵を受けてまかなってきました。

11年歩く男性04
ジャンさんは、三輪のベビーカーに救急箱と最低限の物資を乗せ、押しながら歩いてきました。徒歩の旅は身体への負担も大きく、一時は全行程を終えるのが厳しくなったこともあったと言います。

11年歩く男性05
あと2週間ほどすれば妻に会えるところまで来ており、もうじきこの旅も終わりが来ようとしています。

「次の旅は、自分のしてきた冒険を書き記してみることかな」と語るジャンさん。

11年間、ひたすら歩き続けたことも偉業ですが、遠くから支援を続け、帰りを待ってくれた妻の度量も偉大だと言えそうです。

Canadian man nears end of 11-year round the world walk

[リーボック] Reebok ZIGRETURN XT
Reebok(リーボック)
売り上げランキング: 8

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。