2011年10月09日 22:19

走って追いついちゃった…76歳のおばあちゃんが時速15kmで警察とカーチェイス

 

76歳のカーチェイス00
イギリスで実に変わった、警察とのカーチェイスが起きました。

その理由ですが、運転していたのが76歳の女性だったことだけでなく、逃走のスピードが時速15kmという、カタツムリの歩みのようなノロノロ運転だったことです。

しかもこのカーチェイス、40km以上にも及んだというから驚きです。

76歳のカーチェイス01
警察がロータリーを逆走している車を発見したのがこの追走劇の発端で、パトカーのブルーライトを点滅させて停止するように警告しました。

ところが運転していたキャロライン・ターナー(76歳)は、止まることを拒否した上に、そのまま片側二車線道路に入り込んだのです。

76歳のカーチェイス02
追走した警察官によると、一番スピードが出ていたときでも時速30kmほどの遅さだったと言います。

最終的に警官がパトカーから降り、ターナーの車を走って追いかけ、ウィンドウを叩いて止まるように指示したそうです。

それでも最初は「何も話すことはない、私は家に帰るのよ」と言って拒否していましたが、ようやく路肩へ止めると危険運転で逮捕され、ひと晩警察署に拘留されました。

翌日には裁判所に出廷し、1年の運転禁止と100ポンド(約1.2万円)の罰金が言い渡されています。

6人の孫に8人のひ孫がいると言う彼女は、夫を5週間前に亡くしたばかりで、「ミスの原因は照明が暗すぎたことで、自分は安全なドライバーである」と主張しているようです。

とりあえず事故には繋がりませんでしたが、こんな警察とのカーチェイスもあるものなんですね。

Great-grandmother led police on 27 mile chase at 10mph

マリオカート7
マリオカート7
posted with amazlet at 11.10.09
任天堂 (2011-12-01)

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(1)
トラックバックURL
最新記事

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。