2011年10月18日 12:33

国語の先生に問いたい「本当に筆者はそんなこと考えてたの?」

 

著者と国語教師の違い00
国語のテストを受けると、こんな感じの出題があったと思います。

「筆者が意図するところは何か」「筆者が本当は伝えたかったことは何か」

その模範解答を見て、本当に筆者はそんなことを考えて書いたのかな?って疑問に思ったことはないでしょうか。

海外でも同じことを思う人は多いようで、人気となっていた図をご覧ください。

著者と国語教師の違い01
あるあるある、って言いたくなりませんか。

もちろん本当に筆者が意図していることもあるでしょうが、いちいちそこまで深く考えて書いてるのか、筆者に直接聞いてみたくなるときもあるのではと思います。

アメリカの国語、つまり英語の読解でも、同じような疑問を持たれているのも、おもしろいところですよね。

このグラフを見ての、海外掲示板のコメントを抜粋してご紹介します。

・英語の教師だが、この図はまったくもって正確だ。文学の世界で多くの著者が困難に思うことは、作品が世に出るやいなや、何通りにも解釈され、自分の意図しなかったことを言う羽目になるからだ。しかしそれが文学の解釈のおもしろさだ。どんな点からも解釈し得るし、文章内に証拠さえあれば可能である。

・なるほど聖書のようにか。

・シーンの設定をするときに、著者がカーテンの色の記述に時間をかけたのか気になる。カーテンの色はその部屋のイメージを作るのに違いを与える。

・これはおもしろいが、だいたい文学の解釈では著者の意図はそれほど大事ではない。「著者がどう意図していたか?」というのは「文章がどういう意味か?」ほどは重要ではない。

・だいたい人はいつも裏に隠れた意味を探そうとするんだ。僕の先生は自分の解釈を僕に叩き込み、人の意見を聞かなかった。高2のときのそのバカ先生の授業では、議論すると怒鳴ってきた。他人の解釈をまったく受け付けないので、当時は傷つけられた。

・うちの先生は、むしろいろんな解釈を歓迎していたよ。

・それが文学のいいところだ。誰でも好きなように解釈できるというね。

・滑稽でもある。だいたいの熱狂者は、可能性のある裏の意味を考えすぎる。そして解釈したことがシンボルだと思う。そして本のサイン会か何かで著者に尋ねるんだ。すると著者はにっこり笑って、「それは君が決めることだよ」と言いながら、きっと彼らは「うお、そんなこと考えもしなかった」とか思うことになるんだ。

・きっと著者によると思うよ。もしウィリアム・フォークナーのような著者なら、きっともっと意味があるんだろう。あるいはいちいち記述しないだろう。だがステファニー・マイヤーなら、きっと青いカーテンは、ただきれいだなと思っているんだろう。

・きっとその先生は単にみんなの意見を刺激しようとしているんだ。数学でない限り、完全に間違っているとか正しいということはないだけに、学校はアイデアを交換する場所でもあるからね。

同じ文章から、みんなが似たような解釈をするようになると、意思の疎通という面ではメリットがあるのかもしれませんね。

My English teacher keeps showing this to us

書くことが思いつかない人のための文章教室 (幻冬舎新書)
近藤 勝重
幻冬舎
売り上げランキング: 20

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(6)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
2. 筆者の気持ち  [ 半端人生 ]   2011年10月19日 00:49
国語の先生に問いたい「本当に筆者はそんなこと考えてたの?」(らばQより) そうそう、筆者の意図について・・・といった設問。 答えは〜でしたー!とか言われても、それちゃんと ...
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。