2011年10月18日 17:41

置き忘れたカバンが戻ってきたら「お礼としてカメラはもらっておきます」との手紙が入ってた

 

カメラがない00
落し物や紛失をすると、そう簡単に戻ってくるものではありませんが、届けてくれる親切な拾い主もいます。

イギリスで大事なカバンを失くした夫婦の元へ、拾った人がわざわざ郵送して届けてくれたのですが、なんと「謝礼としてカメラだけ抜きとった」との手紙が添えてあったそうです。

カメラがない01
カバンをなくしたのは、イギリス人のジェレミーさん、サリーさん夫妻で、休暇でイタリア旅行に行った帰りのことでした。

イギリスの小さな空港に到着してから、所持品のいっさいがっさいを入れていたカバンを置き忘れてしまったことに気づいたのです。中にはパスポートや運転免許証なども入っていました。

すると数日経ってから、その失くしたカバンが郵便で届いたそうです。わざわざ夫婦の住所を調べて、郵送までしてくれたことに2人はとても喜びました。

ところが話はこれで終わりませんでした。パスポートを含めた全ての所持品はカバンの中にあったのですが、唯一デジタルカメラ…150ポンド相当のLumixだけがなかったのです。

本来カメラのあるべき場所にはメモリーカードと、カバンを送ったと言う女性からの手紙がありました。

手紙には謝礼としてカメラを抜き取ったとあり、「ちょうど自分がカメラをなくしていたこと」、「人は失敗の代償を払わなくてはいけないこと」、「これを交通費と取るように」などの理由が記されていました。

夫婦は返却されたことを嬉しく思うと同時に、勝手にカメラが取られたことにショックを受け、複雑な気持ちでいると語っています。

ちなみに荷物の署名欄には「善人だけど、そこまで善人でない者より」と書かれていたそうです。

夫婦は、「お礼というのは与えられるもので、盗むものではない」との判断から、警察に盗難届けを提出したとのことです。

紛失したものがあまり戻ってこない海外であることを考慮すると、一定の評価をすべきなのか、それとも悪いことは悪いと断罪すべきなのか、なんとも判断の難しい事件ではあります。

Not-so-good Samaritan returns lost bag after taking £150 camera as a reward

Panasonic デジタルカメラ LUMIX FH5 シルバー DMC-FH5-S
パナソニック (2011-02-25)
売り上げランキング: 2605

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(15)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
2. 『ぶたにく』で命の大切さを知り、おいしい鶏皮を食べる!  [ あじもすのニュースブログ@livedoor ]   2011年10月19日 15:41
社会的なニュースをお届けします!
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。