2011年10月19日 11:25

イギリスの「どんぐり拾い師」、ついに1000万個目のどんぐりを拾う

 

どんぐり拾い00
どんぐりと言うと「となりのトトロ」を連想する人もいるかもしれませんが、イギリスにも多くのどんぐりの木があり、秋になるとあちらこちらで落ちているのを見つけることが出来ます。

今はちょうど実が落ちるシーズンですが、イギリスにはどんぐり拾いを生業としている人がいるそうです。

どんぐり拾い01
もう20年もどんぐりを拾い続けているというデイビッド・ベンドンさん(57歳)。

彼の拾うどんぐりは認可の受けた木から収穫されたもので、サイズ、実の状態、生命力など厳選されているそうです。

拾われたどんぐりたちは苗木畑などに売られ、そこで苗木として育てられ、後に新しい木としてまた植えられていきます。

どんぐりは、だいたい1キロあたり200個ほどになり、拾った数はそこから算出されたものですが、今年の収穫で累計が1000万個に達する見込みです。

この季節は雨も多く、寒かったり風が強かったりするイギリスですが、それでも仕事としてどんぐりを拾うことに誇りを持っていると言うベンドンさん。

ちなみにドングリはブナ科のクヌギ・カシ・ナラ・カシワなどの実の総称で、ベンドンさんの育てるカシの木は、家具などにもよく使われ、何世紀も人々から愛されてきたことから需要が高まっているとのことです。

どんぐりを拾いといっても、20年のプロフェッショナルの仕事となるとスケールが違いますね。

Professional acorn picker collects his 10 millionth nut

となりのトトロ トトロ はじめてにぎにぎ
コンビ
売り上げランキング: 1417

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(5)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
2. ここは酷い呪われたシルクロードですね  [ 障害報告@webry ]   2011年10月20日 08:38
呪われたシルクロード (角川文庫 緑 475-1)角川書店 辺見 じゅん Amazonアソシエイト by 生糸の生産や取り扱いで幕末から明治維新後にだけ急激に繁栄した 八王子近郊の鑓水や恩方のディープな話 繁栄した大商人とはいえ、文化資本は希薄であって 生き急ぐように浪費を繰
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。