2011年10月31日 11:01

水道水は本当に安全?最高性能の逆浸透膜浄水器を、アメリカから激安で輸入して取り付けるまでのまとめ

 


震災後、「水道水から放射性物質が検出」「浄水場の汚泥から高濃度の放射性物質を検出」というニュースを見て、水道水に不安を感じた方は多いのではないでしょうか。

子供を持つ身として、子供に安全な水を飲ませたい。今の水道水をもっと安全な水にできないか…と悩み、色々調べて、最終的に浄水器として最高の性能を持つ、逆浸透膜方式の浄水器をアメリカから個人輸入してみました。

逆浸透膜方式の浄水器ってすごく高いんじゃないの?アメリカの浄水器が日本の水道に取り付けられるの?どのくらい水がきれいになるの?…など、実際に買ってみてわかったこと、そして購入・輸入にオススメの方法をまとめてみました。

どうして逆浸透膜式浄水器なのか

事の発端は原発事故。水道水から放射性物質が検出されたとのニュースを見て、安心して飲める水は自分で確保しなければ…と思いたちました。

いろいろ調べてみたところ、浄水器として最も優れた性能を発揮するのが逆浸透膜式の浄水器。逆浸透膜式浄水器は、海水を真水に変える、下水処理の最終工程で下水を飲用水に変えるなど、水資源に乏しい場所で水を確保するために広く使われています。

仕組みは単純で、水分子の大きさの穴が空いたフィルターを通す事で、水分子よりも大きな不純物を除去できるというもの。とは言え日本国内でよく見かける浄水器とは、段違いの性能を持っています。(検証は後述)

放射性物質の除去性能については、何社かの浄水器メーカーによるテスト結果が公開されており、この方式の浄水器の設置はメリットが高いと考えました。

参考:
寺岡精工、自社の逆浸透膜ろ過システムによる放射性物質の除去効果を確認
放射性物質に対する除去試験結果のお知らせ 株式会社マーフィード

逆浸透膜浄水器はアメリカで買うのが最も安い!

最初は国内で売っているところを探したのですが、「逆浸透膜浄水器」で検索して見つかる販売店では、当時 8〜20万円 程と、とんでもない価格。安全って高いものだなあと思っていました。

ところがふと思い立ってアメリカのサイトを巡ってみると…あるじゃないですか、メンテしやすくて使いやすそうなのが、格安で!


RO PURE (RO-4) Reverse Osmosis System WATTS Premier

お値段なんと 244.95ドル(約2万円) 。って、国内で同じものを20万円で販売している店があったんですけど…!?このモデルはカートリッジの着脱がとくに簡単で、流し台の下でのフィルター交換がとても簡単。

日本国内で売られているものは探しても殆どが輸入品で、日本で買えば品質がいい!という訳でもなさそうなので、これを手に入れようと思いました。

しかしアメリカから買うにしても、 日本の水道設備と合うんでしょうか? 買ってみて取り付けられなかったら悲しすぎます…。

…そうだ、どっちにしろ記事にできるんだし、ダメでもネタ代だと思えばいいじゃないか。

ここは一つ、人柱になってみましょう!

購入・輸入はどうするの?

アメリカの商品を日本に送る手続きは結構大変なので、英語でのやりとりが苦手なら、世界最大のオークションサイト「ebay」を日本語化して輸入まで全部やってくれる セカイモン 」を利用するのが簡単です。


今回買った浄水器は、「 Watts ro pure 」と検索すると出てきます。また他の逆浸透膜式浄水器を検索するなら Reverce Osmosis 逆浸透膜浄水器 」と入力しても探せます。

購入の詳細については、長くなるので後述しますね。

モノが到着、果たして取り付けは成功するのか!?


で、届きました。

さて取り付けですが、Youtubeにとってもわかりやすい取り付けの解説がありました。これを見て大体何をしているかわかるなら、DIYに挑んでみましょう。無理そうなら最寄りの水道屋さんに頼めば、3万円くらいで取り付け工事をしてくれるようです。


ちなみにこの浄水器の取り付け方法は、Youtubeで公開されていました。実際に取り付けている作業が見られるので、全体の工程をしっかり把握できます。予めこれを見ていたので、英語の取り付け説明書(図たっぷり)を読むのもかなり楽でした。


実際に 取り付けてみると、水道から取水するための分岐パーツのねじは、日本と同じ規格でした。つまり、 そのまま取り付け可! やったー!!


シンク下に置く浄水ユニットの取り付け。配管がややこしそうに見えますが、色分けされていて、説明書にカラーで配管図が書いてあるので、戸惑うことはありませんでした。

ちなみに水圧が0.33MPa以下の地域では、加圧ポンプが必要になります。管轄の水道局に電話すれば、家の近所での水圧の測定結果を教えてくれるので、事前に確認しておきましょう。


最後にタンクを取り付け。逆浸透膜浄水器は浄水速度が遅いので、浄水を溜めておくタンクがないと使い物になりません。付属のタンクの容量は約10リットルで、一般的な家庭用途なら十分な容量です。


最後に付属の蛇口を取り付けて完了!作業時間は、素人で撮影しながらだったので3時間ほど。ちょっと疲れましたが、うーん、この何とも言えない達成感!やっぱDIYっていいですね。

気になる浄水性能は?

さて、ではきちんと浄水できているか確認してみましょう。


水の純度を測るの使用したのはTDSメーター。水につけて出た数値が低いほど、純度の高い水ということになります。


TDSメーターによる純度の比較
左:水道水(68)  中央:従来の浄水器(68)  右:逆浸透膜式浄水器(2)

そのままの水道水の数値は 68 だったのに対し、浄水はなんと 2 。実に 97%以上の不純物は除去できている …という事になるのでしょう。

面白かったのは、シンクについていた浄水器を通した浄水は、水道水と同じ 68 だったこと。不純物の除去能力がない…というよりは、元々除去対象の不純物が含まれない、きれいな水道水だったんでしょうね。

ちなみに純水はまずい!と言われますが、それはあくまでそのまま飲んだ場合の話。料理などに使うには問題ありませんし、よく冷やしたり、ポッカレモンを数滴垂らせば、とても美味しく飲めました。もちろんお茶も美味しいですよ。

何よりも、安全な最高性能の浄水器が付いたこの安心感…。
ミネラルウォーターをこまめに買いに行く必要もなくなり、水に関しては事故前と変わらず気軽に使うことができるようになり、精神的な負担も軽減されました。

また価格についても、水を買い続けるコストや、米研ぎ、調理、歯磨きなどでも安全な水を気軽に使えることを考えると、むしろ割安に感じました。

購入、輸入についてのより詳しい解説

実は 私が購入したときは、とある転送代行業者を使いました。ところが 注文手続きは英語で大変転送の手続きは煩雑転送業者とのトラブルが続出 。はっきり言ってもう二度と利用したくないですし、オススメできるものではありませんでした。

購入や輸入の手続きがあまりに煩雑でこの記事を書く事に悩んでいたのですが、その後知った セカイモン というサービスが手続きが簡単で、トラブル対応もかなり良さそうだったので、購入方法としてこちらをオススメします。


ebay公認日本語オークション セカイモン

セカイモンは、世界最大規模のオークションサイトであるebayを日本語化し、購入から輸入までを全て代行してくれるサービス。アメリカのオークションを、まるで日本のヤフオクのように手軽にしてくれます。


今回買った浄水器は「 Watts pure ro 」、逆浸透膜方式の浄水器全般を探す場合は、 Reverce Osmosis 逆浸透膜浄水器 」と入力しても検索できるのは前述の通りです。


商品ページには「総額見積もり計算機」が用意されていて、送料や手数料、総額がおよそどのくらいかかるのかすぐにわかります。

ちなみにこの商品の重さは20lbs(約9.1kg)で、最終的な総支払額はおよそ3万円。割増分の殆どが送料ですが、色々比較してみると、この重量でこの送料はかなり良心的です。


なおオークショントラブルに遭わないよう、商品詳細ページの出品者情報を確認しておきましょう。 「トップセラー」 表記があること、また クオリティ評価 が高いこと、 写真点数の多さ などを判断基準とするといいでしょう。


ちなみに交換用フィルターも「 Watts pure ro 」と検索すると出てきます。上の5本セットは1年分の交換用フィルターで、下の緑のフィルターは2〜5年おきに交換する、逆浸透膜フィルターとなります。

ちなみにebayはオークション形式ですが、お店で買うようにすぐに確実に購入したいなら 「即決落札」 商品を選ぶのがオススメ。また、 「セカイモンサポート」 のマークがついていない商品は、セカイモンでの購入に対応していないので注意してくださいね。

しかしアメリカのものがこんなに手軽に買えるようになるなんて…ITの力は偉大です。今は未曾有の円高なだけに、海外の激安製品が手軽に買えるサービスは、本当にありがたいですね。

ebay公認日本語オークション セカイモン

 

 

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(4)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。