2011年11月02日 12:18

とある民主主義の風景(ただしロシアの場合)

 

ロシアの民主主義00
国民が政治に参加する民主主義では、どんな党が勝つか、どんな大統領を選ぶか、ひとりひとりが投票で決めます。それが民主主義っていうものです。

そしてそんなタイトルの付けられたイラストが、海外サイトでちょっとした人気を集めていました。ご覧ください。

ロシアの民主主義01
ペンが届きません。

民主主義らしく、誰でも投票できるように…なっていませんね。

やはり書くものは持参するべき…と言う問題でもありませんが、ロシアなら……、と言うよりプーチンのイメージは欧米でも、やはり怖いと思われているようです。

海外サイトのコメントを抜粋でご紹介します。

・モスクワ大学から卒業したばかりの2人の友人がいるんだが、彼らはプーチンや政治などの一般的な質問に対しては一切答えないんだ。彼らのケースで言うと、ロシアで大人物になる可能性があるならば、意見は差し控えたほうが良いと言うことらしい。悲しくもあり怖くもある。いつか2人を訪ねてみて、どんなところから確認してみたいよ。

・ペンの先を折るんだよ!

・そこには何があるんだい?

・一番深い恐怖だよ。1984年 (小説)を読むといい。

・やっぱり自分のペンを持参。

・自分が考え付いたのは、ペンを指に突き刺して、血で投票だった。

・それはとても伝わると思う。

・用紙を鉛筆側に折ればいいんじゃないのか。

・おい、なんで今のアメリカはもっとひどいんだ?

・アメリカでは他の候補者がもう1人しかいなくて、それがまたほぼ同じ人物だからだろ。

・プーチンは正当に人気があると信じている。

・プーチンが政治家として正真正銘の人気があることは、もうはっきり確立していることだ。このマンガは完全に誤解を生む。ロシア人はプーチンに票を入れたいんだよ。

・プーチンおつかれ。

・メディアをコントロールしてるんだから人気を保つのはそう難しくないだろう。得票の水増しや、敵候補者への嫌がらせもある。明日選挙があるなら、大半はプーチンに投票するだろう。だが間違えちゃいけない。ロシアは自由からも民主主義からも遠い。

プーチン人気は根強いですが、ロシアというイメージや実績から、疑問を感じる外国人も多いようです。

本当の実情というのは国の外からだと、感じるのは難しいですよね。

Democracy.

COMIC 1984
COMIC 1984
posted with amazlet at 11.11.02
ジョージ・オーウェル(原作)
PHP研究所
売り上げランキング: 52907

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(1)
この記事へのトラックバック
1. とある民主主義の風景(ただしロシアの場合)  [ 他力本願 ]   2011年11月02日 12:52
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。