こんなに違うの!?ひっくり返すだけでキリン本搾り™のさらなるうまさが引き出せるテクニック「逆さ缶」を試してみると…
発売から12年、果汁とウオッカだけで作られた実直な味わいに多くの人が支持する『 キリン 本搾り™チューハイ 』で最近、「逆さ缶」というテクニックが話題に…>>続きを読む
2011年11月14日 18:48
 

マッドシティーの発明00
日本のように人ごみの多いところでは、急いで先を行きたくても行けず、イライラすることがあります。

そんなとき、日本人の習性を利用してスムーズに抜かす方法を、とある外国人がひらめいたそうです。

それを証明する映像と日本人のリアクションに驚く、海外の反応をご紹介します。

マッドシティーの発明 - YouTube

1.
マッドシティーの発明01
方法はいたって簡単。マッドシティというあやしい(?)外国人が発明したと言う「人間が持つベル」。

2.
マッドシティーの発明02
要は自転車のベルを手に持っただけなのですが、鳴らすたびに片っ端から人が避けていきます。

3.
マッドシティーの発明03
ちょっと怖そうな人たちまで。

4.
マッドシティーの発明04
学生も。

5.
マッドシティーの発明05
サラリーマンも。

6.
マッドシティーの発明06
カップルも。

7.
マッドシティーの発明08
ホモセクシャルも。(と映像で説明されていましたが、外国人にはそう映るんですかね…。)

8.
マッドシティーの発明09
殺し屋も。(ちょっ、いや、まさか…。)

9.
マッドシティーの発明10
なんとエスカレーターでも通用。

10.
マッドシティーの発明11
さらにコンビニの店員まで。

映像は数年前のものですが、これを見た海外の人々は、日本人の几帳面なプログラムのされ方に驚きを通り越して、感心さえしていました。

海外の反応を抜粋してご紹介します。

・これはアメリカで使える手と思えないな。なぜなら自転車のベルの音どころか、音が鳴ったら道を譲るというルールがあることさえ知っている人が少ない。

・もう一つアメリカで使えない理由は、自転車は歩道を走ってはいけないし、車道にしかいない。

・携帯用のクラクションを持ち歩くべきだ。もうそれしか方法がない。

・これの一番に見所はエスカレーターで音を鳴らしても、自転車のために避けてくれることだ。

・いやコンビニの店員がよけたところだよ。

・本能ってやつだな…。

・きっとこれは脳のすごい奥深くに、刷り込まれているに違いない。

・これをドイツでやったら人を驚かせてしまう。まるでもうすぐぶつかるかのように横っ飛びして逃げると思うよ。この国ではベルは最後の手段なんだ。

・アメリカではダメだ。自転車に乗らないから。

・おお、これは気にいったぞ。オレはちんたら歩くやつにイライラするんだ。
・すばらしい、オレの車にも欲しい。

・カナダでは「エクスキューズミー」と言って、人を横にちょっと押すだけだ。

・それをアメリカでは決してやらないように。

・まるでアジアのモーゼだね。

・きっとパブロフは、これを見てすごく喜ぶよ。

まさにパブロフの犬で知られる条件反射と言えますが、ここまでみんなが、さささっと動く様子は日本ならではかもしれません。

※自転車のベルはあくまで危険を知らせるのが目的なので、歩行者をよけさせる行為はマナー違反となります。節度のある使用を心がけましょう。(追記:道路交通法違反(第54条第2項)となり、処罰される(2万円以下の罰金又は科料、同法第121条第1項第6号)可能性もあるとのことです。)
(再追記:「道路交通法第54条第2項が適用されるのは車両等の運転手であって、自転車を押して歩いているならまだしも、自転車のベルだけを持って歩いている人は車両等の運転手ではないので適用されないです。ただし、町中でむやみやたらに音を出すと、軽犯罪法や迷惑防止条例の違反になります」とのご意見も頂きました)

Way to solve the slow walking problem

スーパーマリオ3Dランド
任天堂 (2011-11-03)
売り上げランキング: 2

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(12)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
zeronpa | カテゴリ:面白ネタ  海外の反応
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。