2011年11月21日 11:27

イギリス人「手ばっかり使うアメフトをフットボールって呼ぶのおかしくない?」

 

アメフトとサッカーとフットボール00
以前、「どうしてサッカーと呼ばれるようになったのか」というトリビア記事をご紹介したことがありますが、「フットボール」という呼称は、イギリスではサッカーを指すのに対して、アメリカではアメリカン・フットボールを指します。

イギリス人からすると、それに納得いかないようで、「アメフトに別のニックネームを付けてみた」という画像が作成されていました。

どういうことなのか、その画像をご覧ください。

アメフトとサッカーとフットボール01
アメフトの名称はエッグ(卵)みたいなボールをハンド(手)で扱うんだから「ハンドエッグ」でいいんじゃないか?と説明されています。

アメリカ人とイギリス人の間では、アメフトの名称はしょっちゅうぶつかる話題なのですが、言われてみると試合の大半はフット(足)をろくに使わず「手」で運んでいるアメフトに、フットボールという名前はしっくりこない気はします。

投げるときも「手」、受けるときも「手」、フィールドゴールなどで蹴るキッカーは一人だけで、それも蹴る選手は普段試合には参加してない専任キッカーばかりじゃないか、と言った議論が海外サイトで白熱していました。

国ごとで使い分ければいい話と行きたいところですが、インターネットで"football"と検索したときに両スポーツが入り乱れるので、お互いイラっとさせられるところはあるのかもしれません。

実は、フットボールと名前の付けられたスポーツは他にも10くらいあり、そのどれもこれもが「ボールを蹴って点を入れる」点では共通しているそうです。

その中でもアメフトの足を使う時間があまりに少ないことで、文句を付けられがちのようです。

だからと言って、皮肉や嫌味混じりで付けられた「ハンドエッグ」と呼ぶべきかはともかく……。

心ひそかにうまい…と思ったのでご紹介しました。

参照:サッカートリビア…どうしてサッカーと呼ばれるようになったのか、名前の由縁 Football vs. Handegg. Learn the difference.
ワールドサッカーウイニングイレブン2012
コナミデジタルエンタテインメント (2011-10-06)
売り上げランキング: 102

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(4)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。