2011年11月27日 17:33

元気をもらえる…5歳の少女と陸上選手が義足で一緒に走る姿

 

義足の二人が走る練習00
義足の技術の進歩により、健常者と互角の速さで走る陸上選手も出てきました。

ある5歳の少女と陸上選手の、義足で一緒に走る姿が元気をもらえると話題になっていました。写真をご紹介します。

義足の二人が走る練習01
楽しそうに義足で一緒に走る、5歳の女の子と陸上選手の姿。

義足の二人が走る練習0
現在5歳のエリーちゃんは2004年に、イギリスのエセックスで双子のひとりとして生まれました。しかしながら1歳4ヶ月のとき、致命的なほどの髄膜炎を患い、何とか命は取り留めたものの、敗血症により数週間後に両手両足の切断を余儀なくされたのです。

義足の二人が走る練習02
それでもカーボンファイバー製の義足を着用して、学校に通う初日は自分で歩きました。

初めて付けた義足は標準のものだったのですが、それでは周りの子についていけず、いつも痛みを伴うため歩くことさえ困難だったと言います。

義足の二人が走る練習03
ところが彼女に惚れこんだコミュニティが基金を募ってくれ、新しくカーボンファイバーの義足を購入する資金を集めてくれたのです。

成長に合わせて2年おきに交換しなくてはいけませんが、この義足は以前の2倍の速さで歩けるのだそうです。

義足の二人が走る練習04
そして同じ義足を持つ、足のない人では人類最速と言われるオスカー・ピストリウス選手と競走してもらうことになり、これはそのときの写真だそうです。

オスカーさんはブレードランナーの異名を持つ南アフリカの出身の選手で、今年の世界陸上400mでは健常者と共に走って、準決勝まで進出したことで話題になりました。

15メートルのレースでは、もちろんエリーちゃんがオスカーさんに勝ったそうです。

わきあいあいと走る二人の笑顔が素敵ですね。

映像は以下をどうぞ。
Ellie May and her new legs - YouTube

Ellie May, At 5 Years Old, Is The Youngest Person Ever To Have Carbon Fiber Legs

ブレードランナー ファイナル・カット 製作25周年記念エディション [Blu-ray]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2010-04-21)
売り上げランキング: 771

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(2)
この記事へのトラックバック
1. 元気をもらえる…5歳の少女と陸上選手が義足で一緒に走る姿  [ 他力本願 ]   2011年11月27日 17:53
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。