2011年12月02日 16:37

屋根にはドラゴンの魔除け…ヴァイキングが850年前に建てたノルウェーの「ボルグン・スターヴ教会」

 

ボルグン・スターヴ教会00
ノルウェーにはヴァイキングが全盛だった12〜14世紀ごろに、スターヴ教会と呼ばれる独特な木造教会が数多く建てられました。

彼らが信仰していたオーディンを主神とする北欧神話から、キリスト教に帰依していった時代のもので、キリスト教とヴァイキング文化が融合しているのが特徴です。

現存するのは30弱しかなく、その中でも歴史と勇壮な外観を持つ「ボルグン・スターヴ教会」をご紹介します。

1.
ボルグン・スターヴ教会01
1180年築。場所はノルウェーの首都オスロの北西にある小さな村ボルグン。スターヴとはノルウェー語で「垂直に立った支柱」を意味しますが、その名の通り縦に長い武家屋敷といった風体をしています。

2.
ボルグン・スターヴ教会02
スターヴ教会はヴァイキング船の造船技術が用いられ、屋根にある龍の飾りは、魔除けに使われた船頭の飾りと同様のものだそうです。現在のものは1738年に造り直したもの。

スターヴ教会は1349年のペストが大流行するまでに、ヨーロッパ諸国に1000棟以上が建てられましたが、現存するのはノルウェーだけで28棟しか残っていないとのこと。

3.
ボルグン・スターヴ教会06
祭壇。

4.
ボルグン・スターヴ教会07
欧州最古の木造建築物であり、ヴァイキング船と北欧神話とキリスト教が融合したたたずまいは神秘的という他ありません。

フィヨルド観光と組み合わせて訪れる旅行者が多いとのこと。海外サイトには、北欧神話の主神オーディンの居城であるヴァルハラになぞらえる人もいました。

彼らは氷と雪の地からやってきた…白夜から温泉が湧き…神々のハンマーが…船を新しい地にやる。敵軍と戦うために、歌い、泣きながら:ヴァルハラ、今行かん!

他にノルウェーのスターヴ教会では、同等の歴史を持つ「ウルネスの木造教会 - Wikipedia」が世界遺産に登録されていますが、外観、知名度、人気はボルグンの教会の方が高いとのことです。

850-year old wooden church. Borgund, Norway. Where the Vikings were told to stop believe in Thor and Odin. : pics

(2011/12/12)追記:以下は、当初「ボルグン・スターヴ教会」と誤ってご紹介していた写真ですが、別の教会のものでした。ご指摘くださった方、ありがとうございます。

ボルグン・スターヴ教会03
ヘッダール(Heddal)・スターヴ教会

ボルグン・スターヴ教会04
ゴル(Gol)・スターヴ教会。

ボルグン・スターヴ教会05
ロム(Lom)・スターヴ教会。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(3)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。