2011年12月25日 10:35

ハレンチ過ぎた…警察署長が不適切なクリスマスメールを出して停職に

 

ハレンチな警官00
正直であったりジョークやユーモアを交えることは、通常なら良いことなのですが、さすがに警察署長となると、身分的に自重しなくてはいけないことは増えてきます。

ポルトガルで、警察署長が出したクリスマスのメールがいやらすぎるとして、停職になったというニュースがありました。

ハレンチな警官01
こちらが警察署長が出したと言うクリスマスメールの挨拶。

パワーポイントで作った25ページに渡る内容で、地域全体の職員1500人に一斉送信されました。

見ての通り、ランジェリー姿やビキニ姿の女性がメリークリスマスと伝える画像で、さらにサイトのページには署長の言葉で、「すばらしい性生活がクリスマスにありますように心から願っています!」と余計なお世話なんだか、親切なんだかよくわからない挨拶となっていたようです。

送られた自治体にはおよそ1500人の職員が勤務しており、送信した直後に「添付にエラーがあった」と謝罪のメッセージを流したそうですが、時すでに遅し。

勤務中の職員らの受信箱がこの添付画像でいっぱいになったことから、それ相応の措置が取られた形となりました。

本人としてはジョークのつもりだったのかもしれませんが、警察署長という立場を考えると、あまりに軽率過ぎた行為だったようです。

Portuguese police chief suspended over saucy Christmas email

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。