2011年12月28日 23:25

コロンビアのスラム街に全長384メートルの屋外エスカレーターが設置

 

コロンビアのメデジンにエスカレーター00
屋外エスカレーターというと、高層ビルが林立するような大都市の設備という印象がありますが、なんとコロンビアのスラム街を突っ切るように、384mもの長大なエスカレーターが設置されました。

徒歩だと35分かかる山登りを、たったの6分に短縮してしまったという、巨大エスカレーターをご覧ください。

1.
コロンビアのメデジンにエスカレーター01
こちらがそのエスカレーター。

2.
コロンビアのメデジンにエスカレーター02
コムナ13という山の斜面に位置する人口1万2000人の貧しい地区に、メデシン市が総工費670万ドル(約5億2千万円)をかけて設置しました。

3.
コロンビアのメデジンにエスカレーター06
コロンビア第2の都市メデジンは、かつては麻薬組織が暗躍し凶悪犯罪の多発する都市でしたが、政府やアメリカの掃討作戦が功を奏して治安はだいぶ改善されてきたそうです。

4.
コロンビアのメデジンにエスカレーター05
とは言え、スラム街であるコムナ13はメデジンの中でも治安は良い方ではないことから、このエスカレーターの設置によって改善されることを期待されています。稼働時間は4時〜23時。

また、ブラジル・リオデジャネイロの市長は、このエスカレーターのスラム街への有用性を確認するため、職員を派遣したとのことです。

5.
コロンビアのメデジンにエスカレーター04
エスカレーターに喜ぶ子供たちの姿。

6.
コロンビアのメデジンにエスカレーター03
エスカレーター無しの場合、中心部からは35分かけて数百段の階段を登る必要があり、ビル30階分の高さに相当します。

この思い切った市の事業に住民たちは歓迎しているようですが、屋外のエスカレーターだと、メンテナンスや維持コストがどうなるのか気になるところです。

A Giant Gift for Poor Neighborhood

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(3)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。