2012年01月05日 23:33

そんなところから?16年前に紛失した結婚指輪が奇跡的な見つかり方をする

 

結婚指輪が見つかった00
スウェーデンで農家を営むレナ・パールソンさんは、1995年にキッチンで指輪を紛失してしまいました。

おそらくシンクから流れ出てしまったのだろうと諦めていたのですが、16年たった先日、思いもかけない見つかり方をしたそうです。

いったいどこから出てきたのかというと……。

結婚指輪が見つかった01
なんと畑からニンジンを収穫していたら、この通りスッポリと指輪がはまっていたそうです。

結婚指輪が見つかった02
喜ぶレナさん夫妻。16年前に紛失したときは、床板を外してまで探しまわったと言います。

めでたしめでたしではありますが、いったいどうしてこんなところに?と疑問を感じるところ。きっと以下のようなストーリーではないかとみられています。

まず、レナさんが料理のために指輪を外し、それがシンクに落ちてジャガイモの皮といっしょになる。

その後、コンポストの中でたい肥になるか、羊のえさとなり、最終的にニンジン畑に混入。

やがて畑で育ったニンジンが偶然にも指輪の中を通る形で育った…。

結婚指輪が見つかった03
こちらの畑では、野菜のくずと羊の糞だけを使って肥料としていたと言い、それがこの小さな奇跡を生む結果となったようです。

指輪はレナさんの指には合わなくなっていましたが、サイズを直して大事に使用していくとのことです。

Miraculous Discovery

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(1)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。