2012年01月12日 18:44

ここまで違うとは…マクドナルドとケンタッキーのポテトを3年間放置した実験結果

 

マクドナルドとケンタッキーのポテトの違い00
ファーストフード店であれば、もうどこも似たり寄ったりにも思えますが、味や値段、戦略と言ったものは、結構な差があるようです。

ある海外の人物が、マクドナルドとケンタッキーフライドチキン(KFC)のフライドポテトを3年間放置する実験を行ったところ、驚きの結果がでたそうです。

海外で驚かれていた、その実験結果をご覧ください。

左:マクドナルド 右:KFC
マクドナルドとケンタッキーのポテトの違い01
表側。

マクドナルドとケンタッキーのポテトの違い02
裏側。

ビンに入っているのは3年前の2008年の12月28日に購入したフライドポテトで、左がマクドナルドのもの、右がケンタッキーフライドチキン(KFC)のもの。

中の様子は随分と差が出ていますが、KFCのものは腐ってカビまみれなのに対し、マクドナルドのものは干からびただけで原形を留めています。

実験を行った人によると、2008年のクリスマスに退屈になって、「マクドナルドのフライドポテトはカビない」という噂をテストするためにやってみたそうです。

KFCのものは比較のために同時に使い、そのまま窓際に3年以上置いたらこうなったとのこと。

この結果だけ見ると、何か添加物や保存料でも入れてるの?って思うかもしれませんが、海外サイトの意見によると、どうやら別に理由があるようです。

コメントを抜粋してご紹介します。

・大学の生物の教授が言っていたが、ファーストフードは健康によくないのは確かだが、これは誤解を招いている。なぜかというとファーストフードは恐ろしいほどに乾燥している。湿気がないということはバクテリアが存在できないということであり、それがカビや腐るのを防いでいる。他にも別の理由があったが思い出せない。いずれにせよファーストフードは不健康ではあるけど。

・食品の保存方法と乾燥レベルがファーストフード店によって違うのも興味深いな。基準があって、もっと似てると思ってたよ。どちらにしても、これが何かの証明になるというわけではない。

・マクドナルドは、どうして軍の配給ビジネスにたずさわらないんだろう。

・このテストは意味ないよ。変動しやすい要素がどう作用しているかわかったものではない。KFCのポテトだって、ちゃんと調理されていないから、バクテリアに汚染されてこうなったかもしれず、何かがカビたり、カビなかったりしたから悪いとも限らない。マクドナルドのポテトはかなり高熱で調理されるので、表面の微生物を殺菌しているのかもしれないし。あるいはもっと塩分が強く保存が利くのかもしれない。さらにビンだって別々に汚染されているかもしれないしね。

(本人)その意見に賛成するが、面白かったよ。窓においておくとかなり気味悪がられるんだ。

・あとは味のテストだけだな。

・この実験で、マクドナルドが勝ったのか負けたのかわからないな。

・アメリカに引っ越して、初めて食べたのがビックマックセットだった。フライドポテテをほおばりながら、今までに食べた最高の味だと思った。それから16年経つが、今でもすばらしく美味いと思う。

・調理器具から離れて5分以内ならうまいが、そのあとは厚紙のようになる。

・引用元やら手段やらを人々は求めすぎだろう。単にフライドポテトをビンに入れたというだけで、別にヒッグス粒子を見つけようっていう話じゃない。

・マクドナルドのフライドポテトは、極端に細くて表面が乾燥しやすいので、さらにそこに塩分が手伝うからそうなるだけだ。化学調味料のせいではない。

たしかにマクドナルドのポテトって、細くて水分が少ないので、比較的ポテトチップスに近いのかもしれませんね。

それにしても3年もかけて観察しているのは、やはりすごいと思います。

3 Year Old Fries: McDonalds v's KFC Showdown!

体脂肪計タニタの社員食堂 ~500kcalのまんぷく定食~
タニタ
大和書房
売り上げランキング: 2

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(5)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
2. マクドナルドのポテトはカビが生えないらしい  [ R.Tanaka.Ichiro's Blog ]   2012年01月13日 15:28
マクドナルドのポテトはカビが生えないらしい
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。