2012年01月16日 10:42

小人症の検察官の容姿を笑った証人が訴えられる

 

小人症の弁護士00
容姿や外見を笑うのは失礼きわまりない行為ですが、ドイツの裁判で証人になった男が検察官から訴えられることになりました。

その理由は小人症である女性の検察官の外見を笑ったというもの。

著明な低身長を示す病態のことを小人症と言いますが、裁判の証言中に低身長の検察官を見て笑い転げた男が訴えられました。

小人症の弁護士01
Wadim Golanev(25歳)の笑い方はヒステリックですらあったと言い、彼女の質問にまともに答えられず、挙句の果てには指をさしてディズニーの白雪姫に出てくる7人の小人の歌を、「ハイホー、ハイホー」と歌いだしたとのことです。

その場はそれで終わったかに見えましたが、その後Golanevは侮辱罪で出頭を命じられることになりました。

小人症の弁護士02
それもそのはず、そもそも検察官であるSilke ­Schoenfleisch-Backofenさん(29歳)が弁護士を目指したのは、身長が理由で医学部に入学させてもらえなかったことを訴えるためで、低身長の人々やその家族のために尽力しているのだそうです。

法廷でモラルを欠いたことから訴えられたGolanevですが、自分の裁判のときにはマナーを守ることができるのでしょうか。

Midget prosecutor sues witness who laughed at her size in the dock

私が弁護士になるまで
菊間 千乃
文藝春秋
売り上げランキング: 74

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(4)
この記事へのトラックバック
1. 小人症の検察官の容姿を笑った証人が訴えられる  [ 他力本願 ]   2012年01月16日 10:52
あんてなサイトにブックマークされました。
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。