2012年01月24日 11:49

人助けのヒーロー、表彰のため訪問した警察に逮捕される…マリファナ栽培がばれた

 

マリファナ
人助けや人の役に立ってヒーローになることは難しいものですが、オーストラリアで事故にあった少年を助けた男性が、警察署長から表彰されることになりました。

と、そこまでは良かったのですが、警察がその男性宅を訪問すると強いにおいがしたことからマリファナ栽培が発覚し、あえなく逮捕となってしまったそうです。

みんなのヒーローからあっけなく犯罪者に転落してしまったのは、アドリアン・メイラー容疑者(33歳)。

メイラーが事故にあった9歳の少年に応急手当を施したことから、その働きを警察が表彰することになりました。

それを伝えるために警察官2人が彼の家を訪問したところ、別室から漂ってくる強烈なにおい。警察官が確認すると、なんと寝室にあったテントの中からマリファナの自家栽培キットが出てきたのです。

言うまでもなく表彰は取り消され、即刻逮捕となりました。

メイラーの弁護士は、「マリファナはあくまで個人目的のために栽培されていたものであり、少年を救助していなければ逮捕にいたってなかった」と弁護している模様です。

9歳の少年はこの応急処置のために回復に向かっているそうですが、メイラーは450ポンド(約5.4万円)の罰金を受けました。

せっかく人助けをしながら、かなり残念な結果になってしまいましたが、どう判断していいのか非常に迷う事件ではあります。

Police who visit hero's house to give him an award sniff out cannabis farm

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。