2012年06月24日 16:48
 

ペンギンひとり00
群れをなして集団生活をする動物のひとつにペンギンがあります。

海の近くに住み、仲間から通常離れません。

ところが、およそペンギンの行動とは思えない、自殺行為とも思える写真が話題を呼んでいたのでご紹介します。

ペンギンひとり01
群れから離れ、とぼとぼと山の方に向かって歩く1羽のペンギン。

ペンギンひとり02
何がこのペンギンをそうさせるのか、よくわかっていません。

以下のドキュメンタリー番組の説明によると、たとえ人の手で彼を群れに連れ戻したとしても、すぐに山に向かってまた歩き始めるのだそうです。

Encounters At The End Of The World Penguin - YouTube

ペンギンが向かうその先は何千kmも山が続き、ペンギンは海から離れすぎると生きていけないことから、この行為は死を意味します。

よってこの自殺行為に対し、映像ではペンギンにも気がふれてしまうことがあるのだろうかと、疑問が投げかけられていました。

果てしなく広大な土地の先には、いったい何が待っているのでしょうか。

Penguin on the edge of infinity

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(5)
トラックバックURL
zeronpa | カテゴリ:動物  びっくりネタ
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。