2012年02月24日 14:46

アルプスのせいで日陰の村、大きなミラー反射で日光を照らす…イタリア

 

ミラー反射で天気にする村00
イタリアのアルプス山脈のふもとにヴィガネッラという小さな村があるのですが、山の陰に位置するため、特に冬場はほとんど日光が射しません。

その対策として、なんと巨大ミラーを設置することで間接的に日が射すようにしたそうです。

ミラー反射で天気にする村01
周りをアルプス山脈に囲まれた、人口200人足らずの小さな村ヴィガネッラ。

ミラー反射で天気にする村02
谷底に位置しているため日照時間がとても短く、特に冬の間は83日間も直射日光がありません。

ミラー反射で天気にする村03
それを改善しようと、2006年に太陽光を反射させる目的で巨大な鏡を設置したのです。

ミラー反射で天気にする村04
幅8m、高さ5m。コンピューターで角度をコントロールすることが出来ます。

ミラー反射で天気にする村05
費用は10万ユーロ(約1070万円、2006年頃のレートは1500万円)掛かったそうで、住民1人あたり540ユーロ(約6万円)と考えると、決して安くはありません。

ミラー反射で天気にする村06
村側からはこう見えます。

ミラー反射で天気にする村08
設置前と後の比較写真。

ミラー反射で天気にする村07
2009年には、この村の鏡のことでドキュメンタリーが制作され、広く存在が知られるようになったとのことです。

どれだけ役に立っているかは疑問もありますが、街起こしという点ではなかなか面白いアイデアではないでしょうか。

TIL that there is a town in the Alps that does not get any direct sunlight for 84 days.

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(2)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
2. ここは酷い平均ですね  [ 障害報告@webry ]   2012年02月25日 01:36
日本数学会・「大学生数学基本調査」に基づく数学教育への提言 http://mathsoc.jp/comm/kyoiku/chousa2011/ 平均≒最頻値≒中央値でもないかぎりは平均を出す意味はあまり(ry そもそも過去の調査がないから学力低下とはいえんやろw たぶん大学生での正答率は国立大学
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。