2012年02月29日 14:45

知らずに損していたかも…イギリスの学校で教えられている「3つのタイプ別学習法」

 

タイプ別学習法00
勉強や仕事で、自分の学習スタイルというものが確立できていますか。

ちょっと集中しては飽きてしまったり、一生懸命に集中しても全く頭に入ってこないといった悩みはないでしょうか。

実は学習のしかたは人によって得意・不得意があり、もしかしてあなたは自分のやり方を間違っていたのかもしれません。

イギリスのハイスクールで導入されている、3つのタイプ別の学習法をご紹介します。

試験勉強や日々の学習で暗記するものがあるとき、どんな方法を使っていますか。

たとえば数字なら、語呂合わせを利用したり、何度も何度も書いたり、口で復唱したりと、人によって覚え方が違います。

実はどの方法が優れているかは絶対的に決まっているわけではなく、どのアプローチが脳に定着しやすいかは、個人ごとに変わってくるそうです。

ここでは3つのタイプに分けます。

1. 視覚タイプ(見て覚える)
2. 聴覚タイプ(聞いて覚える)
3. 運動タイプ(体を動かして覚える)

一般に日本の授業スタイルや基本的な勉強法は、視覚タイプが圧倒的に多いかと思います。

先生の言ったことをきちんと覚えているなんて人は聴覚タイプでしょうが、大半はノートに写した内容をあとで見直したり、プリント、参考書など読んで覚える、見て覚えるという学習スタイルが一般的です。

でも、もしもあなたが運動タイプだったら?

実は見たことは全然覚えられないけれど、聞いたことなら記憶に残りやすい聴覚タイプだったら?

自分のタイプによって、勉強のしかたを根本的に変えることをお勧めします。

ではそれぞれのタイプをどうやって判定し、どういった勉強法が向いているのかをご紹介します。

※以下の項目は、実際にイギリスのハイスクールの壁に貼られているものです。

あなたがどのタイプかの判定

視覚タイプは以下の項目がよく当てはまる
タイプ別学習法01
・左から右に読むことを好む
・リストを作ることを好む
・覚えるときメモをとる
・クロスワードパズルや言葉探しなどの問題が好き
・頭の中に画像が浮かぶ
・ジョークを覚えるのが苦手
・参考書などで学習が出来る
・勉強をするときは静かな環境を好む
・落書きをよくする
・音読より黙読を好む
・図や地図を容易に理解できる
・テレビやビデオを見て学習が出来る


聴覚タイプは以下の項目がよく当てはまる タイプ別学習法02
・窓の外をぼんやりとよく見る
・聞くことで学習が出来る
・1人で学習するのが苦手だ
・ドラマや役作り(ロールプレイ)などが楽しい
・人の外見より、何を言っていたかをよく覚えている
・語呂合わせ、歌、復唱によって学習が出来る
・書いてある文章がスローで退屈に思える
・人にジョークやダジャレを言うのを好む
・頭に画像を思い浮かべるのが苦手である
・音読を楽しめる
・自分の考えを声に出して言うことを好む


運動タイプは以下の項目がよく当てはまる タイプ別学習法03
・頭の中で計画を練ることを好む
・話すときに手、腕、脚などを動かす
・作業中(学習中)に大きな声で話すことが多い
・長くじっと座っているのが嫌いだ
・机の上が散らかっていても、どこに何があるのか把握している
・計画性のある作業(学習)や実用的な課題が好きだ
・興味のあるものにだけ集中する
・作業(学習)をするべきときに空想にふけってしまう
・会話に「何とか」や「あれ」という言い方がある


この中で、一番当てはまるものが自分のタイプというわけです。

中には2つのタイプが半々と言う人もいるかもしれません。さて、ではタイプが判明したところで、それぞれに合った学習のしかたを見ていきましょう。

タイプ別の効果的な学習法

▼あなたが視覚タイプなら
・1人で勉強する
・周りに音がない方がいい
・人から指導されることに向いている
・覚えるためにメモやノートを取る
・すべきことの計画(To Do)をきちんと書く
・人と話すときは相手の顔が見えているのが良い
・重要なところには下線やハイライトをすると良い
・学習には図やグラフを用いると良い
マインドマップを使う
・新しいアイデアを思いついたら、すぐに書き留める
・つづりは書いて覚える


▼あなたが聴覚タイプなら
・音楽を聞きながら勉強する
・大事なことは録音しておく
・覚えるために言葉遊び(語呂合わせなど)を作る
・大きな声で言ってみたり、歌ったりして学習する
・学習する前に何をするか、声に出してみる
・つづりは声を出しながら覚える
・誰かと一緒にいるのが良い
・声に出して指導されるのが良い
・自分の意見を言う機会を与えられると良い
・一度にひとつの課題だけをする
・ハキハキとした先生が良い


▼あなたが運動タイプなら
・考える時間、計画を立てる時間を与えられると良い
・コンピューター等に自分の学習を記録、あるいはプレゼンテーションを作ると良い
・実用的な作業(学習)にかかわるのが良い
・自分の作業(学習)空間は自分で作るのが適している
・自分の作業(学習)を見てもらい、修正や校正の助けを受けると良い
・締め切りのない作業(学習)が適している
・考えているときは動きまわれるのが良い
・自分でなんでもやってみるのが向いている
・勉強中は休憩が頻繁に必要
・1人で読んだり作業(学習)する課題が向いている
・ドラマやロールプレイに参加するのが良い


もしかして、今まで不向きな学習のしかたをして来なかったでしょうか。あるいは、自分の子供に集中力がないと決めつけてなかったでしょうか。

タイプが違えば、ふさわしい学習の仕方も大きく違うとして、イギリスでは積極的に取り入れられています。

タイプがあることに気付かないでいると、無理やり自分が苦手な勉強方式で詰め込んでいる可能性があり、当然結果にも差が出てきます。

日本は視覚タイプの学習が多いですが、もしあなたが視覚タイプじゃなかったとしたら…。

そして自分に向いた学習法に気づけたなら……。

人生はまるで変わったものになるかもしれません。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(6)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。