2012年03月04日 08:00

「死なないよう気を付けて!」10kgもある特大の松ぼっくりの落下に警告…オーストラリア

 

巨大松ぼっくり00
日本で松ぼっくり(松かさ)と言えば、松の木から自然に落ちてくる、茶色でだいたい5〜8センチくらいの大きさのものです。

枯れて乾燥しているため軽いものですが、海外の品種には重くて巨大な松ぼっくりもあるようです。

オーストラリアではなんとスイカサイズの殺人級のものが落ちてくることから、ビクトリア州議会が注意するよう警告を発しています。

巨大松ぼっくり01
こちらがその松ぼっくり。重いものは10kgもあるというから驚きです。

さすがにこんな巨大な松ぼっくりが頭に直撃しようものなら、ひとたまりもないでしょう。

この松の木はバンヤパインと呼ばれ、コートハウスホテルの中庭にある樹齢120年の木は環境遺産となっているそうです。

20mもの高さから巨大な松ぼっくりが落ちてくるため、周囲は危険防止のため立ち入り禁止になっているとのことです。

巨大松ぼっくり02
大きく育ったバンヤパインの例。

巨大松ぼっくり04
松ぼっくりといっても、中はぎっしりと詰まっています。

巨大松ぼっくり03
それがこの上から落ちてくる……と考えるだけでも恐ろしいですが、実際スイカが空から落ちてくるような感じだといい、まさに凶器そのものであるようです。

同じ松ぼっくりでもずいぶんと違いがあるものですが、どうせなら日本の風情ある方がいいですよね。

Warning over watermelon-sized pine cones

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(5)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。