2012年03月11日 19:35

ぶつからないかギリギリ…ギリシャの「コリントス運河」を船が通過する写真いろいろ

 

コリントス運河00
エーゲ海とイオニア海(コリンティアコス湾)を結ぶ、ギリシャのコリントス運河は1893年に完成しました。

全長は6kmを超えますが幅は25m未満と狭く、少し大きな船が通ると岩壁にぶつからないか不安になるほどです。

ギリギリの写真をご覧ください。

コリントス運河01
コリントス運河が位置するのは首都アテネの西約80km、ペロポネソス半島の根元。

Google MAPはこちら。
大きな地図で見る

コリントス運河02
全長6343m、運河の幅は水面部で24.6m、河底部で21m、深さは8mで、水位が一定のため水門などはないとのことです。

コリントス運河04
大きな船を牽引している様子。

コリントス運河03
わずかの操舵ミスでも、ぶつかってしまいそうです。

コリントス運河08
この写真だけ見たら、岩場にはまって座礁してるようにしか見えませんよね…。

この運河が完成したことにより、ペロポネソス半島の迂回ルートより航路が400kmほど短縮しています。

ただし、やはり幅が狭いことから貨物船は通れず、現在では主に観光船が利用しているとのこと。年間1万1千隻あまりの船がこの運河を往来しているそうです。

コリントス運河05
こちらは遊覧している船から見たところ。

コリントス運河07
少し荒れた地形も。

コリントス運河09
途中にかかる鉄道橋は、長さ約33m、標高60m、桁下は52mあるそうです。

コリントス運河06
100年以上も前に、よくぞこれだけ一直線に削りとったものです。

この運河の構想自体は紀元前からあり、マケドニア王を始め、過去に何度も時の支配者が試み、挫折してきた歴史を持っています。

キリスト教徒を迫害した暴君として知られるローマ皇帝ネロは、6000人の奴隷を動員して3.3kmまで堀り進めるも、反乱によって自殺したことで中止されました。

Great Pictures of Corinth Channel

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
2. コリントス運河  [ Kyan's BLOG IV ]   2012年03月13日 13:07
ぶつからないかギリギリ…ギリシャの「コリントス運河」を船が通過する写真いろいろ:らばQ ギリギリに見えても彼らにとっては日常だろうしなぁ(苦笑) 人間というのが凄いことができるなとは思います。 参考 ...
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。