2012年03月16日 08:46

強烈に青いブルー・イチゴが誕生…寒さに強い遺伝子に組み換え

 

青いイチゴ00
フォトショップで自由自在に画像の加工ができるため、変わった写真を見ると、ホンモノかどうか疑うクセがついているのではないでしょうか。

青いイチゴの写真が海外サイトに出回っていたのですが、あまりに真っ青だったことから、これは本当に存在するのかと話題になっていました。

しかし本当に存在するようです。

※(2012/3/20)追記:写真の青いイチゴは実際に作られたものとは別物で、加工された写真である可能性が高いとのことです。教えてくださった方ありがとうございます。
参照:解説:青いイチゴ - Togetter

青いイチゴ01
目の覚めるような濃い青色をしているこのイチゴは、科学者により人工的に作られたものです。

遺伝子組換えにより出来た食品なのですが、ちょっと変わった遺伝子が組み込まれました。

北極に生息する魚のカレイの中には、凍てつく水温から身を守るため、凍結を防止するための物質を作り出す種がいるそうです。

その特徴に目を向けた科学者が、この凍結防止遺伝子だけを抽出してイチゴの苗に注入、その結果誕生したのがこのブルー・ストロベリーです。

この青いイチゴは氷点下の過酷な気候を耐え抜くことができ、冷凍庫に入れてもペーストっぽくならないとのことです。

と言うわけで、この青いイチゴはフォトショップなどで加工したものではなく、人の手によって生み出された実在するものです。

青色には冷たいイメージがありますが、寒冷地仕様の遺伝子を組み込んだら赤から青に変わってしまったというのも、遺伝子の不思議を感じます。

「もしかして魚(カレイ)の味がするの?」と心配する人もいましたが、遺伝子として抽出する以外に魚に触れることはないので大丈夫とのこと。でも、さすがに現段階で食べるのは不安がありますよね。

So what’s with the Blue Strawberry

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(3)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
2. [Foods][苺][遺伝子]  [ caprinのヲタ更正日記 ]   2012年03月19日 00:06
強烈に青いブルー・イチゴが誕生…寒さに強い遺伝子に組み換え:らばQ
 以前のカボッコリーの名前の由来と特徴では、 ブロッコリーは、同じアブラナ科の大根とかけ合わせてブロッコン、同じくアブラナ科のカリフラワーとかけ合わせてブロッコフラワー(カリブロ)、アブラナ...
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。