2012年04月15日 17:10

心動かされる2枚の写真「6歳のとき猫に言った『僕が大学を卒業するまでは死ぬなよ』と。卒業まであと2週間だ」

 

6歳のときの猫、大学卒業前の猫00
猫や犬は、かけがえのない家族となってくれますが、残念なのは人間より早く死んでしまうこと。

子供のときから共に成長してきたペットも、ある段階が来ると、お別れすることになります。

海外サイトで、こんな投稿が人気を呼んでいました。

「僕が6歳だった頃、猫に言った。『僕が大学を卒業するまでは死ぬなよ』と。大学卒業まで、あと2週間なんだ」

6歳のときの猫、大学卒業前の猫01
「6歳の頃の僕と猫」

6歳のときの猫、大学卒業前の猫02
「大学卒業を2週間後に控えた僕と猫」

投稿者は10余年が過ぎて大きく成長しているのに比べ、家具や部屋の配置、そして猫はあまり変わってないところが、時間の流れの面白さと切なさを感じさせてくれますね。

大学卒業が22歳と計算すると16年が経過していますが、猫の平均寿命が15年前後と思うと、願いどおりに長生きしてくれたと言えるんじゃないでしょうか。

この写真を見て心動かされた、海外サイトのコメントをご紹介します。

・僕が生まれてすぐに兄弟としてやってきた犬は、学校を卒業する2週間前に死んでしまった。18歳だった。ぐすん。

・自分は猫と同じ誕生日だった(親戚がその猫の両親を飼っていた)。大学在学中に死んでしまった。21歳の誕生日の数週間後だった。

・写真はすごいキュートだけど、ソファについてるのは血痕?

・(卒業せずに)次の学位も取るんだ、それを繰り返す。そしたら猫は永遠に生きるじゃないか。

・学費の借金も永遠に生きるよ。

・価値はあるよ。だって大学をでたら仕事があるんだろ?な?そうなんだろ?

・死なない猫を見せびらかして儲けて、借金を返せばいいんだ。

・どこまで生きるか知らせてくれ。

・怖いなと思ったのは俺も同じソファを持ってることだ。

・わかってるよね。何があっても卒業するなよ。

・そりゃ猫は永遠の命じゃないさ。単に飼い主の望みを考えようとがんばってるんだ。

・うちの猫を探してくる、ハグしなくちゃ。

・うちの猫は19歳で亡くなった。2ヶ月ほど前のことだけど、僕が4歳のときに連れてこられたんだ。悲しい日だ。

生きていると、出会いと別れを繰り返すことになりますが、こうして写真として残しておくと、かけがえのない思い出となりますね。

When I was 6 I told my cat not to die until I graduated from College...I have two weeks of school left.

365日たまごかけごはんの本
T.K.G.プロジェクト
売り上げランキング: 1 位

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(1)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。