2012年04月29日 13:15

サボテンの針まみれになった子犬、ペットにしたいと70人が殺到

 

サボテンが刺さった犬00
どこから迷い込んで来るのか、子犬や子猫がよくトラブルになっていますが、アメリカ・アリゾナ州で、サボテンの針にまみれた子犬が発見されました。

たまたま通りがかった人によって助け出され、すっかり元気を取り戻しましたが、飼い主を募集したところ、ぜひ飼いたいという人で殺到したようです。

サボテンが刺さった犬01
サボテン・ジャックとニックネームをつけられたこの子犬は、まだ生まれて8週間ほどで、たまたま通行人が鳴き声を聞きつけました。

サボテンが刺さった犬02
するとそこには、ウチワサボテンから逃れられず、苦しんで鳴いている子犬がいたと言います。

一本一本刺さっていたサボテンの針を抜いて見ると、バケツいっぱいほどになったそうで、元気になるまで面倒をみてあげたとのこと。

サボテンが刺さった犬03
そしてこのサボテンだらけになった子犬の引き取り手を募集したところ、殺到した人は70人を超え、なんとオーストラリアから駆けつけた人まで現れました。

サボテンが刺さった犬04
最終的に、抽選によってサラ・メッサーズシュミットさんが権利を獲得し、大興奮をしている様子がニュースで放映されています。

Puppy found in AZ cactus has new home - YouTube

その他、抽選から外れた8名前後の人たちも、施設から別のペットを引き取って帰って行きました。

サラさんによれば、この子犬の気に入ったところは、どんな大変なときにでも常にしっぽを振ってくれるとのことです。

さすがにオーストラリアから駆けつけた人がいたのは驚きですが、サボテンにまみれた痛ましくも愛らしい姿をみると、大勢の人が殺到するのもわかりますよね。

Puppy rescued from cactus finds new home

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(5)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。