2012年05月07日 22:38
 

47年ぶりに亀と再会00
アメリカ・ペンシルバニア州で85歳の男性が、散歩中に亀を発見。よく見てみると、お腹には息子のイニシャルと1965年の文字が刻印されていました。

なんと47年も前に息子が放流した亀だったのです。

47年ぶりに亀と再会01
オランド・コークレイさん(85歳)が散歩をしていると、連れていた犬が亀を見つけました。

亀の甲羅をよく見てみると、腹部には“J.C 1965”の刻印。オランドさんはピンときました。

「息子のジェフ(・コークレイ)が1965年に放流した亀に違いない!」

当時13歳だったジェフさんも今や還暦。ニューヨークで暮らしているとのことで、オランドさんはすぐに写真を撮って送ってあげたそうです。

47年ぶりに亀と再会02
ずっと家の近所で、甲羅も昔と変わらず生き続けていたことを興奮気味に話すオランドさん。

亀の種類はトウブハコガメ“Eastern Box Turtle”で、寿命は100歳以上。

オランドさんは2、3日ほど亀の世話をした後、再び放流してあげたとのことです。

Turtle with carved initials turns up 47 years later

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(4)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
zeronpa | カテゴリ:海外ニュース  動物
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事
トレンド


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。