2012年05月28日 09:32

イギリスに世界一速く走る男性がいた…ただし後ろ向きで

 

後ろ走りで世界一00
何であっても、世界一の記録となれば大したものです。

オリンピックにはない競技ではありますが、イギリスには後ろ向き走りの世界チャンピオンがいるそうです。

後ろ走りで世界一01
ギャレット・ドゥハーティさん(33歳)は1マイル(約1.6km)を7分ちょっとで走り、3年前にチャンピオンになりました。

もともとは太陽がまぶしすぎたことから後ろ向きに走り、家に帰らずそのまま走り続けたところ大変気持ちが良く、さらに前向きと同じくらい速く走れることに気づいたそうです。

後ろ向き走りが自分の人生を変えたとまで言うギャレットさん。「まるで麻薬のようなんだ、1度始めるともう前向きには走れない」と語り、今回の大会ではチャンピオンタイトルの防衛を目標としているようです。

後ろ向き走りには開放感があり、前向きに比べて体への衝撃が緩やかで、より多くの筋肉を使うことから同距離なら3倍のカロリーを消費し、健康にも大きな貢献をするとギャレットさんは主張しています。

ただし練習していると通りがかった人が振り返り、「反対向きだよ」と声を掛けてくるそうです。

子供たちにも推奨していると言うギャレットさんですが、もしみんなが後ろ向きで走るようになったなら……、アクシデントが多発しそうではあります。

World's fastest backwards runner ready to defend his title

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(1)
この記事へのトラックバック
1. イギリスに世界一速く走る男性がいた…ただし後ろ向きで  [ 他力本願 ]   2012年05月28日 10:01
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。