2012年06月21日 11:21

「いとこに金魚をちゃんと弔ってくれと頼んだら、こんな写真が送られてきた…」

 

金魚の正式な弔い方00
小さなペットは寿命が短いものが多いのですが、やはり死んでしまうと悲しいもので、弔ってあげたくなるものです。

ある海外の人が、飼っていた金魚が留守中に死んでしまい、いとこにしっかり弔ってやってくれと頼んだそうです。

すると送られて来た写真が……。

金魚の正式な弔い方01
安らかに眠れ…。

……いや、流され…。

流したのか!

確かに、正式に弔っていると言えるのかもしれませんが、厳かなはずの白い花も微妙な空気を醸しています。

これは正しい弔いと言えるのか、海外サイトの反応をご紹介します。

●自分は水道局に勤めているが、とにかくトイレから流されたものは避妊具に生理用品、おもらしした男性の下着から、時に幸運なときには現金まである。だがペットの金魚を見つけると悲しくなる。もっとまともに弔われるべき。

●え?100ドル紙幣をトイレに流す人がいるの?いったいどういう状況になったらそういうことになるんだ。

●ビル・ゲイツあたりのリッチなやつがケツを拭くんだよ。

●しかし魚はそれを望んでいただろうな。

●いつか魚を飼って、これに対抗するお葬式をしてやりたい。

●昔、母親にクリスマスプレゼントで金魚を買ってもらった。2匹が死んだとき、正式にバイキング方式で弔った。ベーパータオルで作った旧式のボートに音楽も流し、ボートには火をつけた。そして流した。(証拠写真

●[2011-2012]

●若くしてここに眠る。

●しかしトイレがデカいね。

むしろコメントで驚いたのは、大勢の人が似た方法をとっていると答えていたこと。もしかして欧米では通常の方法なのでしょうか。

土に埋めるのが普通だと思っていましたが、こういったところにもお国柄が出るのかもしれません。

My fish died when I wasn't home. Asked my cousin to give him a proper flushing. She sent me this.

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(4)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。