2012年06月24日 11:00

予想もしない美女から声をかけられたら…と言うお話

 

予想もしない美女から声をかけられたら

アーノルドはスーパーマーケットで買い物をしていました。

すると、とても美しい金髪女性が手を振ってきて、「ハロー」と優しく声をかけてきたではありませんか。

驚きを隠せない彼は、こんな美女とどこで会ったのか懸命に思いだそうとしました。

しかしいくら考えても、一向に思い出せません。

「どこかでお会いしましたっけ?」

「フフフ。あなたはうちの子供たちの父親のひとりよ」

なんてこった!

アーノルドの過去のさまざまなことが、脳裏を目まぐるしく駆けめぐり……。

「おーまいがっ!」

そう、たった1度だけパーティで酔っ払って浮気したときの記憶が蘇ったのです。

「もしかして君は……、独身最後のパーティにいたストリッパーかい?50ドルで口説いて部屋まで連れ込み、悪友がドアから見ている中、ビリヤードテーブルで不適切な関係を持った、あの時の?
 さらに僕があんなことやこんなことしたら、君は『もっとよ!あなたが欲しいの!』と叫んでいたよね?」

すると彼女は答えました。

「ええと……違います。あなたの息子さんの数学教師です」

教訓:仮定はあくまで仮定に過ぎない。

The Blonde at the Supermarket

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(1)
この記事へのトラックバック
1. 予想もしない美女から声をかけられたら…と言うお話  [ 他力本願 ]   2012年06月24日 11:08
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。