食品 歴史 / zeronpa / URL
2012年07月02日 19:27

発売から100年「オレオ」のパッケージはこう変わった

 

オレオの100年00
白いクリームをチョコレートクッキーではさんだオレオ。世界100国で発売されており、20世紀に最も売れたクッキーだとのことです。

1912年にイギリスで発売されてから、今年でちょうど100年になるそうですが、この100年の間にパッケージがどう変化してきたのか、ご覧ください。

2012年
オレオの100年07
現在のバージョン。


1998年
オレオの100年06
懐かしい人も多い、前のバージョン。


1993年
オレオの100年05
約20年前。


1973年
オレオの100年04
40年前でもそんなに変わっていませんね。ちなみに日本で発売されたのは1987年だそうです。


1963年
オレオの100年03
50年前は赤いパッケージ。


1931年
オレオの100年08
80年前は、普通のビスケットと同様に横長の箱。


1912年
オレオの100年02
発売当初は白黒の箱。


1912年
オレオの100年01
BOX型。紅茶でも入ってそうな、いかにもイギリス風の雰囲気。


青いパッケージではないオレオと言うのも新鮮ですね。ですが100年の年月を考えるとあまり変化していないかも?

ちなみに、現在までに4900億個以上が販売されているとのことです。

100 Years Of Oreo Packaging

OREO オレオ メッセンジャーバッグ

売り上げランキング: 2312

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(6)
この記事へのトラックバック
1. 発売から100年「オレオ」のパッケージはこう変わった  [ 他力本願 ]   2012年07月02日 20:01
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。