2012年08月13日 11:00

小型でタフなモバイルルーターとAndroidタブレットが無料に!hi-ho WiMAXが期間限定のキャンペーンを実施中

 


重たい高画質な動画の視聴やゲームまでこなす、超高速モバイルインターネットのhi-ho WiMAXから、小型なのに連続10時間使える、タフで使いやすいモバイルルーター「 Mobile Cube 」が登場しました。しかも届いてすぐネットが楽しめる、まさかの7インチAndroid4.0タブレット付きです。

ちょっとしたネット検索などに手軽で便利なこのセット、実際に使い勝手を試してみました。 


今回hi-ho WiMAXから発売されたMobileCubeは、コンパクトでありながら、連続稼動最大10時間というタフなWi-Fiモバイルルーター。家でも外でも、Wi-Fi対応機器からインターネットに接続できるようになる機器です。詳細はこちら。

hi-ho モバイルコース-WiMAX|hi-hoモバイル


本体サイズは67mm x 67mm x 14.2mmととてもコンパクトで、ポケットやカバンの中でも全然邪魔になりません。重さも僅か69グラムと軽量。充電もMicroUSB(Androidスマートフォンなどで一般的な形状)ポートから行えるので、社外品のアダプターやモバイルバッテリーも利用できます。


この大きさと丸みのあるデザインはファンデーションケースのようで、女性のバッグにも相性がよさそう。iPhoneと並べて見ると、その小ささがわかるでしょうか。


こんなコンパクトなボディながら、通信速度は下り最大40Mbps、そしてWi-Fi機器の同時接続数は8台と、性能は申し分ありません。スマートフォン2台持ちや、iPadなどのタブレット、パソコンなど複数のWi-Fi機器を持ち歩いていても、余裕で対応してくれます。

また、無線LAN接続だけでなく、充電しながらUSBでの有線接続も可能なので、有線でしか接続できないデスクトップPCでも問題なく利用できます。


実際に自宅でパソコンから接続して速度を計測してみたところ、下り10.5Mbps、上りは1.2Mbpsとかなりの速度。そこらのADSL並かそれ以上の速度を平気で叩き出すあたり、さすがはWiMAXです。
※通信速度は受信状況により異なります


またこの機種には、8月31日までのキャンペーンで7インチのAndroid4.0タブレットも付属。届いてすぐネットを楽しめるのはいいですね。

静電式タッチパネルで操作性はよく、ちょっとネットで調べ物をしたりするのにも便利。7インチサイズだとiPadより一回り小さく、重量も307グラムと軽いので、ベッドやソファーでも使いやすく、手首に負担もかかりません。


残念ながらAndroidマーケットには非対応ですが、Tapnowマーケットからアプリのインストールが可能。ViberやLINEなどの無料通話アプリやゲームが楽しめます。


試しにらばQを開いてみると、PC版の画面もすんなりと開いてくれて、拡大や縮小もスムーズ。ちょっと調べ物をしたい時などにいちいちパソコンを起動するのは面倒ですが、Androidタブレットならすぐに検索できるのが便利なんですよね。

ちなみにhi-ho WiMAXの利用料金は、月額3,800円(2年契約)のみ。事務契約手数料は無料で、しかもこの MobileCubeとAndroidタブレット本体も無料 というのですから、なんという太っ腹…!

またhi-ho WiMAXは通信制限は一切なく、どんなにダウンロードしようが何のアプリを使おうが、帯域制限などはかかりません。 (2012年8月現在)

タブレットはちょっと気になることがあった時、ささっと手軽に調べられるのが本当に便利。まだタブレットを持っていないなら、無料でタブレットがついてくるこの機会は見逃せませんね。

hi-ho モバイルコース-WiMAX|hi-hoモバイル


ちなみにメールやweb、Twitterなどができれば充分…という人には、WiMAXではなくNTTドコモのLTE/FOMA回線を使用する最大通信速度128kbpsで月額980円のhi-ho LTE typeDがオススメです。


こちらは、 NTTドコモのLTE/FOMA回線を使用するSIMのみの提供するサービス。NTTドコモのスマートフォンやモバイルルーター、3G対応のパソコン、PSVitaがあれば、差し込んですぐネットに接続できます。


試しにVAIO Type Pで速度テストをしてみると…あれ…128kbps以上出てる…!?公式では通信速度の上限は128kbpsになっていますが、こんなことってあるんですね!

※フレッツ光やADSL基準の表示結果のため、結果コメントが「残念ながら…」となっていますが、低額モバイルサービス基準ではこの速度は残念ではありません。

ちなみに1年分の料金をまとめて支払うと10,500円、月額換算すると875円に。また通信量の追加チャージを行うことで、制限速度を外し、LTE/3Gの速度で通信を行うことも可能です。

速度はいらないけど最低限のネット環境は必要…という場合には、エリアの広いFOMAがこれだけ安く使えるのも魅力的ですね。

hi-ho LTE TypeD|hi-hoモバイル

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。