2012年08月14日 15:10

「アレが欲しかったので挑戦したらクレーンゲームが壊れた」

 

UFOキャッチャーを壊した00
ゲームセンターによくあるUFOキャッチャーなどのクレーンゲーム。

目当ての商品を手に入れようとアームを操作するも、取れそうでなかなか取れず、つい熱くなって散財した経験があるんじゃないでしょうか。

そんなクレーンゲームで、なぜか真ん中に置いてあったものを欲しがったばかりに、壊してしまった人がいました。

UFOキャッチャーを壊した01
これは、さすがにムリというもの。

なぜ大きな石なんてあったのか、そしてそれを欲しがったのか謎ですが、物理的に取れる気がしません。

しかし不可能と思うと、むしろ挑戦したくなるのが人のサガというものなのでしょう。

これに対する、海外サイトのコメントをご紹介します。


●それは相当のスキルがいる。

●なぜダイヤモンドの方を取らないんだ。どういうことなんだ。

●やっぱり本物じゃないからだろうな。1ドルでマシンを壊したというのは、なかなかの1ドルの使い方だ。

●結局石はゲットできたのか?

●それは店長に言って、石を要求すべきだな。

(本人)要求したのだけど、くれなかったので、機械を詰まらせてそのまま帰った。ううっ…。

●とにかく石を欲しがる男っているのよね。

●単にクレーンゲームを壊したかっただけだろう。

●訴えるべきだな。

●これはアームと戦い、負けたんだ。


「オレはプラスチックの金貨をゲットした」
「オレは偽のダイアモンドだぞ」
「オレは石だ」

取れたとしても、自慢になるような、ならないような。

石を狙った理由はともかくとして、店側も客も高くつく石となりそうですよね。

I broke the claw machine because I wanted that rock

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(2)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。