2012年08月16日 12:14

「開いた口がふさがらない…スーパーの陳列で物理学を見ることになるとは」

 

ウォルマートの物理学00
どんな店でも売り上げのために、商品などの陳列には気を遣います。

客の目を引くように派手にしたり、商品の良さをアピールしたりするものですが、海外のあるウォルマート店の陳列がとても物理学していると話題になっていました。

写真をご覧ください。

ウォルマートの物理学01
確かに物理しています。

重力とのバランスを取りながら曲線を描いている様は、もはや芸術の域でしょう。

どこまで重なっているのかはこの写真では見えませんが、上のほうはどうやって積んだのだろうかと考えてしまいますね。

わざとこんな風に陳列したのか、重ね続けた結果、偶然こうなってしまったのかは定かではありませんが、インパクトが絶大なことは間違いありません。

この陳列に対する、海外サイトのコメントをご紹介します。


●「あの真ん中のやつをください」

●知らないだろうが、こういうことは実際に起こり得るんだ。ウォルマート店員より。

●すべてを壊してしまわずに、そのうちの1つをどうやって取るのかなと悩む。

●うちの近所でもこういう陳列をしていたけど、釣り糸を利用していたよ。

●倒したい衝動に駆られる。

●うちの近所のウォルマートも、そんなにキレイならいいんだけど。

●自分の部屋がそんなにキレイならいいんだけど。

●自分の彼女がそんなにカーブを描いていたらいいんだけど。

●自分に彼女がいたらいいんだけど。

●自分に友達がいたらいいんだけど。

最後は脱線していましたが、とりあえず似たようなディスプレイは珍しくないようです。

釣り糸で釣っていたとしても、見た瞬間に目を引く面白い陳列方法ではありますね。

Physics at work at Walmart...

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(6)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。