2012年09月24日 12:20
 

19kgもあるデブ猫が保護00
とてつもないデブ猫が、アメリカの庭から救助されました。その肥満ぶりはすさまじく19kもあります。

現在動物保護センターで世話をされ、新しい里親を探しているところですが、名前をスキニー(やせっぽち)と言うそうで、そのギャップからも話題を呼んでいます。

19kgもあるデブ猫が保護01
アメリカ・テキサス州のダラス近郊で、野良猫がいると電話があったのが一週間ほど前。動物保護センターの職員が到着してみると仰天しました。

今までに見たこともないほど太った猫だったそうで、野良(?)としては今までで1番大きいとスタッフは語っています。

アメリカ政府発行のリストによると、およそ4歳児くらいの体重に相当し、その大きさに驚いています。

保護センターのチャピンさんは21年間で1番大きな猫だと言い、肥満と糖尿病であること以外はスキニーは健康であると伝えています。

これだけ食べるからには誰かが世話をしていたと考えられますが、この巨大猫の飼い主はわかっていないそうです。

41-pound Cat at Texas Shelter Needs Home - YouTube

もしかすると、ここまで肥満にさせてしまったことから、元の飼い主も名乗り出てこれないのかもしれません。

スキニー(やせっぽっち)とはいかないまでも、新しい飼い主のもとでスリムを目指して欲しいところです。

Fat cat named Skinny needs new home

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(6)
この記事へのトラックバック
1. 19kgもあるデブ猫が保護…名前は「やせっぽち」  [ 他力本願 ]   2012年09月24日 13:05
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
zeronpa | カテゴリ:海外ニュース  動物
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事
トレンド


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。