政治・法律 / zeronpa / URL
2012年10月02日 23:29

1つの鎖につながれた女囚たち「チェーンギャング」がアリゾナ州の野外で労働する様子いろいろ

 

チェインギャング00
「チェーンギャング」とは、1つの鎖につながれ屋外労働をさせられる囚人たちのことを言い、古くから見せしめ刑として存在していました。

アリゾナ州マリコパ郡のジョー・アーパイオ保安官は、アメリカで最もタフな保安官として知られ、1995年に男性の服役者に対し、このチェーンギャングを開始しました。

さらに機会均等をよしとする彼は、その翌年の1996年の9月に女性の服役者にも導入しています。

たった1年で廃止された、チェーンギャングの女囚たちの姿をご覧ください。

1.
チェインギャング01
こちらは、アリゾナ州マリコパ郡刑務所の拡張施設であるテント村。

2.
チェインギャング02
女囚たちは、主に飲酒運転などで捕まったとのこと。

3.
チェインギャング04
靴磨きに従事しているところ。

4.
チェインギャング05
さて、腕まくりをしているこちらの女性は……。

5.
チェインギャング06
そうです、チェーンギャングとして外へ出るメンバーです。

6.
チェインギャング07
チェーンギャングは志願制で、5名1組の計15名、週5日、合計30日間の労働に就きます。

7.
チェインギャング08
見せしめ刑ではありますが、退屈なテント村施設よりはましと言う囚人も多いのだとか。

8.
チェインギャング09
バスに乗り込むところ。

9.
チェインギャング10
目的地は、交通量の多いフェニックスの通り。

10.
チェインギャング11
到着後も、もちろん足には鎖。

11.
チェインギャング12
チェーンギャングの仕事は、道路近辺の草むしりやゴミ掃除、落書き消しなど。

12.
チェインギャング14
足元には重そうなチェーン。

13.
チェインギャング13
しかしながらチェーンギャングは、商業的奴隷制や残虐な刑罰であるとの批判を受け、また、それぞれの鎖がつながっていると効率が落ちるとの理由で、たった1年で廃止されたそうです。

ただし、個人の足に鎖をつけ、それぞれは繋がない状態での作業は、従来通り続けられているとのことです。

The Only All-Female Chain Gang in America (20 pics) - Izismile.com

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(1)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。