2012年10月05日 09:58

「あれ、いなくなってる…」サウジアラビア版のIKEAカタログから消えていたもの

 

サウジアラビアのIKEAのカタログ00
世界最大の家具販売店であるIKEAは、ヨーロッパ・北米・アジア・オセアニア、そして中東にも進出しているそうです。

商品カタログには、西欧風の家具やモデルの写真が掲載されていまが、イスラム圏の国だと、そのまま使うには女性の露出が問題となります。

サウジアラビアで利用される「IKEA 2012」のカタログには、なんと女性そのものが消されているとのことです。

1.
サウジアラビアのIKEAのカタログ01
左:オリジナル版 右:サウジアラビア版

2.
サウジアラビアのIKEAのカタログ02
上:オリジナル版 下:サウジアラビア版

3.
サウジアラビアのIKEAのカタログ03
上:オリジナル版 下:サウジアラビア版

4.
サウジアラビアのIKEAのカタログ04
左:オリジナル版 右:サウジアラビア版

キレイさっぱり消えてます。

今までは欧米向けの雑誌などが輸入されると、露出した肌の部分を塗りつぶすなどの処置がよくとられていましが、フォトショップなどの技術が加わると、ついに存在そのものが消えてしまいました。

このカタログに対する、海外サイトの意見をご紹介します。


●サウジアラビア向けに、IKEA自身が取り除いたようだ。

●IKEAは全ての国に合わせて調整すべきだ。例えば裸の男女をブラジルに、エスキモーをカナダに、カンガルーをオーストラリアにだ。

●エスキモーはあまりカナダでは使わない言葉だよ。イヌイットと言う。(イヌイット - Wikipedia

●とりあえずこの(男だけの)バージョンは、自分のアパートでどうなるかについては想像しやすい。

●まぁ、サウジアラビアの目的とは別に、家具は見やすくなったかな。どうせモデルはついてこないし。

●これをセックスアンドシティでやってほしい。

●そうしたらシティだけになるだろう。

●女性を取り除いたのは理解はできる。しかし最後のページでは食品も取り除いていた。そこがボーダーラインだ。

●あんまり笑えないし気持ち悪い。ここまでして消さないと男性はコントロールできずに女性を暴行してしまうということなの?母親が息子の歯磨きを手伝うのは普通に正しい。

●サウジアラビアの男性は、女性をキッチンから離したかったんだよ。

●きっとIKEAで女性が買えると思ってやってくるんだよ。なのでこれは理論的なステップだ。

●サウジアラビアの人間だけど、これが正しかったらいいんだけど、一応カタログに女性はいるよ。なおかつ女性のニュースキャスターもいるよ。

●IKEAにはこれを提案する。ページ内にロマンチックなキャンドルの灯る夕食と、2組のカップルがダブルデートしているところを撮っておくんだ。そのあと女性だけを消したら、残りはゲイの男性がロマンチックにデートしているように見える。

日本も含むイスラム圏以外の企業としては、いろいろ気をつかっているようです。

宗教や文化なことだけに、ギャップを飛び越えるのはなかなか難しいようですね。

Saudi Arabia removes women from 2012 IKEA catalouge

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(5)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。