2012年10月13日 13:17

この気持ちどうすればいい?「アマゾンでぷちぷちを注文して箱を開けてみた」

 

アマゾンの梱包00
アマゾンで通販の利用をしていると、ときおり無駄に梱包箱のサイズが大きいと感じる事があります。

効率重視のため仕方ない面もあるのでしょうが、それ以外にも梱包の罠があるようです。

海外サイトに投稿されていた、ぷちぷち(気泡緩衝材)を注文して開封したときの写真をご覧ください。

アマゾンの梱包01
気泡緩衝材を気泡緩衝材で包むという、とても皮肉なことに。

中身を動かさないために必要とは言え、いろいろと違う気がしてくるこの梱包を見て、海外掲示板にもいろいろコメントが集まっていました。

抜粋してご紹介します。


●価値がすごく加えられた感じだな。

●ボーナスだろ。

●これぞダブル緩衝材。

●Amazonのご丁寧な製品の梱包には感謝はするが、たまにあのでかい気泡緩衝材を入れたいがために、わざと大きな箱を使っているんじゃないかと思うときがある。

●大きな箱は紛失を防ぐためだよ。小さい箱ほど配達の人や、誰も見ていないときなどに盗まれやすいから。

●画像を見る前に、タイトルだけでこれほど想像のついた画像はない。

●気泡緩衝材はプチプチするためにあるので、届くまでに1つたりともプチプチされないように気を配ったんだ。

●トトロ!

●それに気づいたのは自分だけかと思った。

●箱の中で製品が動かぬようにだよ。あるいは箱がコンベアで詰まらないように。そうでなけりゃ後ろに延々と転がり続けることになる。あと緩衝材で箱の隙間を埋めると箱が崩れないからな。要は客のためではなく、会社側のためだ。宅配会社で働いていたので。

●ちょっと待てよ。じゃあ、この大きい方の気泡緩衝材を注文したらどうなるんだ?

●気泡緩衝材に包まれて届くかどうかを知りたいために、気泡緩衝材を注文したんだろう。

さすがにこの2重には「え?」となりますが、アマゾンの箱に感じるのは海外でも共通のようです。

海外のお宅にトトロのぬいぐるみがあったり、その存在に気付いたというやりとりを見ると、なんだかニヤリとしてしまいますね。

Bought some bubble wrap on Amazon. This is how they shipped it

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(1)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。