2012年10月31日 14:59

オーストラリアの墓地に変わったトイレが登場…なんと棺おけそっくり

 

墓地に棺おけ型トイレ00
どこであろうと生理現象には従わなければならず、トイレが必要となりますが、公衆トイレの設置にも結構な費用がかかります。

オーストラリアの墓地で、トイレの設置費用が高くつくことから、自分たちの手でトイレを作り上げたというニュースが話題になっていました。

どんなトイレなのか写真をご覧ください。

墓地に棺おけ型トイレ01
あれ?

トイレはどこ?

墓地に棺おけ型トイレ02
なんと棺おけがトイレなのです。これだと確かに背景とマッチしてますね。

オーストラリア・クイーンズランドにある墓地なのですが、公衆トイレの設置に8万ドル(約640万円)もの費用がかかると言われ、商業会議所が自分たちの手で作ったそうです。

代表者によると、ユーモアセンスを交えたというものの、全員がそれを理解してくれるわけではなく、不満を訴える住民もいるとのこと。

トイレそのものはしっかりとした作りになっており、土台はセメントで、壁も頑丈なものが使われています。

景観にはぴったりかもしれませんが、墓地でこのトイレに入るのも緊張しそうですよね。

Coffin-shaped toilet built in cemetery

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(2)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。