2012年11月01日 11:10

「最近のコーヒーメニューはわかりにくい!」とのクレームから、ものすごくわかりやすい名前に変更

 

コーヒーの名前00
カッコいい名前や流行の名前というのは、必ずしもわかりやすさとは一致しないようです。

昨今、アメリカから入ってきたコーヒーメニューの名前は複雑な上に、今さら聞けないと客から要望があることから、イギリスの大手百貨店デベナム“Debenham”では、わかりやすいメニューに切り替えたとのこと。

そのメニューですが、これがまた本当にわかりやすいのです。

コーヒーの名前01
メニューは、
「シンプルなコーヒー」
「とてもとてもミルキーなコーヒー」
「泡々のコーヒー」
「チョコレート味のコーヒー」
「ストロングコーヒー」
となっています。

それまでのラッテだの、モカだのと、もともとは英語でも日本語でもないメニューよりは、確かにこうしたメニューのほうがわかりやすいですよね。

イギリスでは70%の客がわかりにくいと不満が出ていたそうで、それまでの「ラテ・ベンティ」(量が多いミルクコーヒー)のようなアメリカンスタイルの用語を一掃することに決めた結果、このように大変シンプルなメニューとなりました。

トール(小)、グランデ(大)、ベンティ(特大)などのややこしいサイズ提供もなくし、カップかマグという風にシンプルな選択にしたようです。

コーヒーのメニューに悩む時間を減らして、楽しむ時間を増やしてもらおうと現在テスト的に導入しているようですが、日本もこれくらいわかりやすいメニューの導入をしても面白いかもしれませんね。

Stores drop fancy coffee names

コーヒー「こつ」の科学―コーヒーを正しく知るために
石脇 智広
柴田書店
売り上げランキング: 18029

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(2)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。