2012年11月22日 09:00

ここまで凄いって知ってた?「CTスキャン」のカバーを取った姿に驚きの声

 

カバーなしのCTスキャン00
病院で人体の断面図を撮影する「CTスキャン」。

大きなドーナツ状の穴に、頭からすっぽり入るデザインですが、この中の機械がどうなっているかご存知でしょうか?

「白いカバーを外すと中身はこうなっていたのか!」と驚かれていた写真をご覧ください。

カバーなしのCTスキャン01
もうそこは宇宙船の中とも思えるほど、構造が入りくんでいます。

なんとなく検査してもらっていた機械が、実はここまで高度な造りだったとは知りませんでした。

CTスキャンの真の姿(?)に、海外掲示板でも驚きのコメントを残している人も多くいました。


●誰かがこれを設計して組み立てたってこと自体が、自分にとって驚きだ。

●こんなの作れるのは神だけだろ。

●おお、これでどう動くかがわかった。

●そうだよ、えっと、ここで波動を起こしそれが別の…ものにぶつかり…そうして…そうなんだよ。

●さらに、ゆらゆら、ぐらぐらってのも忘れちゃいけない。

●カバーをとると、さらに値段が高そうに見えるな。なのでカバーを外しておいたほうが患者はお得感が増すんじゃないかな。「わお、払った額より倍は高そう!お得!

●それなら、単に透明のカバーでいいんじゃない?

●何よりすごいのは、そのリングのユニット部分が全てスピンするところだ。しかもすごいスピードで。

●恐ろしく速いスピードで回るんだぞ、恐ろしいんだぞ。
CT at max speed - YouTube


●これが音の元だったんだ。どこかで何かが回ってるとは思ったが、もっと小さいものが回ってると思っていたよ。

●患者を回すほうがコストは安そうなんだが。

●患者が死んじゃうだろ。

医療に必要な機器ですが、中身はこんな風になっていたのですね。

カバーがない方がありがたみは増すかもしれませんが、この中に頭を入れるには相当な勇気を必要としそうです。

CT scanner without the cover

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(2)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
2. ここは酷い風邪引きそうですね  [ 障害報告@webry ]   2012年11月23日 17:35
ノーベル授賞式に出席せず=「風邪引きそう」―田中文科相 - WSJ日本版 - jp.WSJ.com http://jp.wsj.com/Japan/node_552432 国威発揚とばガン無視でワロタ つうか選挙忙しいからなあ(棒読み)
” ここまで凄いって知ってた?「CTスキャン」のカバーを取った姿に驚きの声 ” という記事
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。