2012年11月26日 22:00

愛犬が亡くなった主人の墓を見つけ出し、6年間寄り添って過ごす

 

忠犬キャプテン00
アルゼンチンで飼われていた、キャピタンと言う名のジャーマン・シェパード。

主人が亡くなった直後から行方不明になったのですが、家族が捜してみると場所も知らないはずのお墓の前にいたのです。

そしてそれから6年経った今も、お墓の前から動こうとはしないそうです。

1.
忠犬キャピタン02
ミゲル・ガズマンさんは2005年に、まだ子犬だったキャピタンを息子のダミアン君のために飼いました。しかしながら不幸にもミゲルさんは翌年の2006年に亡くなってしまいます。

2.
忠犬キャピタン03
葬式を終えた後、家族はキャピタンの姿がない事に気付き、必死で探しましたが見つけられなかったそうです。

3.
忠犬キャピタン04
その後、妻のヴェロニカさんがお墓参りに行くと、そこにキャピタンの姿があったのです。

4.
忠犬キャピタン05
キャピタンを一度も連れて来たことがない場所だったことから、なぜここが分かったのか不思議に思ったそうです。

5.
忠犬キャピタン08
その後、ダミアン君とヴェロニカさんが何度も連れて帰りましたが、キャピタンはミゲルさんの墓のそばに戻ってくるそうで、6年経った今も墓地で暮らしています。

6.
忠犬キャピタン06
「きっと死ぬまでミゲルのそばにいるのでしょう」と語る彼ら。

7.
忠犬キャピタン01
今は墓地の管理人がエサを与えたり予防接種をしてい、昼間は一緒に散歩しているけれど、夜になるとミゲルさんの墓のそばに寄り添って寝ているそうです。

飼い主と犬との、計り知れないきずなの大きさを感じます。

映像は以下よりどうぞ。
Capitan y su historia de gran fidelidad - YouTube

He Loved His Master

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(3)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。