2012年11月27日 14:06

天国でアヒルを踏むと、どんな目にあうのか…と言うお話

 

アヒル
3人の女性が事故で命を落とし、天国の門の前までやってきました。

天使である聖ペテロは言いました。
「天国には1つだけルールがあります。『アヒルを踏んではいけない』というものです」

3人が天国へ入ってみると、あたり一面、アヒルで埋め尽くされていました。

女性たちは可能な限りアヒルを避けて進みましたが、そのうちの1人がうっかり踏んでしまったのです。

すると聖ペテロが、その女性が今まで見たこともないような醜い男を連れて現れました。

そして彼女と男を鎖でつなぐと、こう説明したのです。
「アヒルを踏んづけた罰として、永遠にこの醜い男と鎖で繋がれたまま過ごすのです!」

そして次の日。今度は2人目の女性がうっかりアヒルを踏んでしまいました。やはり聖ペテロが極めつけに醜い男と現れて、彼女を鎖でつなぎ、同じ説明をしました。

それらすべてを見ていた3人目の女性は、「醜い男と永遠に鎖でつながれるなんて、まっぴらごめんだわ」と心の底から思いました。絶対にアヒルを踏まないよう、死に物狂いで細心の注意を払って歩きます。

どうにか踏まずに歩き続けて数か月が経ったころ、聖ペテロが現れます。ところが彼女が人生で見たこともないようなハンサムな男を連れていました。とても背が高く、長いまつげに、スリムで引きしまった肉体です。

聖ペテロは何も言わずに、ふたりを鎖でつなぎました。

舞い上がった女性は言いました。
「あなたと永遠につながれるなんて、私は何かそれに値する良いことをしたのかしら?」

すると男は答えました。
「君については知らないけど、僕はアヒルを踏んじゃったんだ!」


教訓:誰かの値踏みをするのは自分だけではない。

Don't step on the duck!

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
1. 天国でアヒルを踏むと、どんな目にあうのか…と言うお話  [ 他力本願 ]   2012年11月27日 14:56
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。